髪の毛はヘアケアと規則正しい生活と栄養補給を行えば、老化速度を遅らせられます。

MENU

髪の老化

髪の毛は肌と同じで年齢とともに老化をしていきますし、日頃のケアや栄養補給で老化スピードを遅らせることもできます。
髪の毛の老化は少しずつ進んでいくので、些細な変化では気付かない人も多いです。
老化によって髪の毛の状態が悪くなる仕組みを理解して適切な対策を取りましょう。

 

 

新陳代謝と血流の悪化

 

老化すると新陳代謝が落ち、細胞再生能力も落ちます。
新陳代謝と血流の悪化は身体全体に影響を与える部分で髪の毛を作る毛母細胞にも影響を受けます。
女性は男性と比べてハゲるリスクは低いですが、若いころに比べて栄養供給が減少すると髪の毛のツヤやハリ、太さに影響を与えます。
また、頭皮は加齢によって脂も出やすくなり、適切なケアをしていないと他の部位に比べても血流が悪くなりやすいです。

 

 

女性ホルモンの低下

 

女性は男性に比べて髪の毛の量が多くて、ヒゲなど余計な部位のムダ毛が生えにくいです。
男女で毛の特性が違うのはホルモンによる影響です。
女性ホルモンは髪の毛にとって良い影響を与えますが、老化によって女性ホルモンは少なくなって最終的には分泌されなくなります。
女性ホルモンが減少すると髪の毛が細くなったり、白髪が増える、ムダ毛が増えるといった現象が起こります。

 

 

頭皮のたるみによって髪のうねりが出る

 

髪の毛のうねりは、クセ毛(体質)と老化の2つの影響を受けます。
ストレートヘアの人は毛穴が綺麗で丸い形になっています。しかし加齢でシワが増えるのと同じように頭皮も加齢とともにたるんでいきます。
頭皮がたるむと毛穴も重力の影響で円状から崩れてきて髪にうねりが発生します。
若いころ以上に髪のうねりが出たら頭皮が老化しているサインで、頭皮ケアで解決できる場合もあります。

 

 

髪の老化は遅らせることができる

髪のきれいな女性

歳が同じでも見た目年齢はもちろん、体力や肌質など老化の進むスピードはそれぞれです。
髪の毛の老化も基本的に全般のアンチエイジングと共通しています。
適度な運動で新陳代謝をあげたり、ストレスを溜めないで規則正しい生活と栄養補給を行えば老化スピードは遅らせられます。
また体質によって何も対策しなくても老化しにくい人と、人より老化が進みやすい人もいます。
アンチエイジング対策をする際に、髪の毛や頭皮のケアを疎かにしやすい人が多いです。
栄養補給や運動、規則正しい生活習慣を実践していればある程度の効果は出ますが、頭皮と髪の毛に対しての個別ケアをしてあげると、髪は若い状態をキープしやすくなります。