健康美ルポ

アハハと声を出して笑い合うと、人と社会の活力が生まれます。

今回は笑うことで心身の健康や地域や企業の活性化を願う日本笑いヨガ協会の代表、高田佳子さんに“笑いヨガ”についてお話を伺いました。

笑いヨガとは?
「笑い」は、実は運動と同じような効果があります。血糖値が下がり、血圧も正常になります。免疫力がアップしたりストレスホルモンが低下するといった研究成果は、国内外の研究者によってすでに実証されています。問題は、どうやって笑うかです。化学的調査では、だいたい漫才や落語、コメディ映画等が使われてきましたが、誰もがこれで笑えるわけではありません。心の状態によっては笑う気になれません。悲しみの底にある人に「落語でも聞きましょうか」とは誘えません。笑いヨガは、笑いをエクササイズにしているので、“笑う”という動きをさせる運動ですので心の状態に関係なく笑うことができます。

イメージ

笑いヨガの仕組みとは?
笑いヨガの場合は「アハハハハ」と笑う動作で身体の生理的変化が起こります。

すると、気持ちの変化が起きます。笑う動作は誰にでもできます。笑うと表情筋や腹筋、喉、横隔膜など様々な部位を使いますよね。それらの筋肉は、呼吸にとっても大切な部分です。酸素をたくさん取り込む方法として太極拳やヨガなどがありますが、それらとの共通点はゆっくりと息を吐くことです。ゆっくりと息を吐くと体内に酸素が取り込みやすくなります。しかし、実際にゆっくり息を吐くということは難しいです。笑いヨガは「ハッハッハッ…」と息を切りながら笑うので、結果的にゆっくり笑っているのと同じ効果が得られます。ストレッチや両手を上げる動作がたくさんあり、リラックスや肩こり解消が実感できるのが特徴です。

イメージ

笑いヨガで重要なことやテクニックとは?

笑いヨガは笑うことより「遊び心」が大切です。2、3歳の子どもは冗談のオチとは関係なく、たくさん笑います。無邪気な遊び心が創造性につながります。たっぷりと笑っていると他のことは考えられません。「今」「この瞬間」に集中することでストレスも感じません。大人になると考えすぎますが、多くは頭の中の心配事や不安です。子どものように笑いに集中することで、本来その人が持っている力がよみがえります。笑いジワの心配もありません。表情筋を無理なくたくさん動かすので、むしろ肌が生き生きしリフトアップが期待できます。


笑いヨガがもたらす効果や長所とは?笑いヨガは、何よりやっていて楽しいのです。最初は恥ずかしくても、やっているうちにだんだんと気分が良くなってきます。それは、笑うことによってストレスホルモンが抑えられて気分を良くするホルモンが出てくるからだと考えられています。なので、運動をやっている辛さやしんどさは全くなく運動効果が確実に得られるのです。笑いヨガは場所も道具もいりません。手軽にできて確実に健康効果が得られます。また、どんな人でもできます。本来はグループエクササイズですので、みんなで集まって歩き回りながらやるのですが、座ったままでも1人でもできます。なにより効果が実感できるのは、笑った後の気分の変化です。自分の悩みがなんだか小さなものに思えてきます。

今後の展望は?

企業や学校、老人ホーム等の福祉の現場等にも当たり前に笑いヨガが取り入れられることが私の願いです。笑いヨガは、メンタルヘルスにも効果が期待できるので、企業研修や老人ホームの職員研修などに笑いヨガを教えて欲しいという要望が多く、全国を飛び回っています。職場に取り入れていただくことで、職場の雰囲気が改善したり、チーム力がアップしたりします。高齢者の介護現場では、お年寄りのためのエクササイズとして笑いヨガが優れているだけではなく、職員のストレス軽減にも大変良い効果が出ています。職場や地域が笑いであふれることが私の夢です。

イメージ

笑いヨガ講座に潜入 深呼吸 手拍子 笑いの体操

日本笑いヨガ教会

笑いヨガ協会は、笑いヨガリーダー養成講座という、笑いクラブを開催する人の育成を全国で行っています。その他に、DVD教材・書籍の出版も行っています。気軽に参加していただけるよう、東京・名古屋・大阪・岡山・福岡では定期的に体験会を開催しています。

information 今回取材にご協力頂いたのは…

日本笑いヨガ協会

東京都千代田区三崎町2-22-8 梨本ビル5F
TEL:03-5357-1458

http://waraiyoga.org

日本笑いヨガ教会

ページトップへ

健康美ルポ