ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

大豆とのりのかき揚げ

さくさくとした食感の中に、のりとさくらえびの風味が広がります。

材料(2人分)
大豆(水煮) 1/2カップ
焼きのり 2枚
パセリ 1/2枝
さくらえび 大さじ2
いりごま(白) 小さじ1
揚げ油 適量
だいこん 50g
A
小麦粉 1/3カップ
卵白1個分+水 1/3カップ
B
だし 大さじ3
大さじ1
しょうゆ 大さじ1

調理時間:30~60分

カロリー:227kcal

大豆とのりのかき揚げ

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
      http://www.betterhome.jp
料理写真:石塚英夫


作り方

  • のりはもみ、パセリは小さくちぎります。
  • だいこんはおろし、水気をきっておきます。
  • Aを合わせて衣を作り、大豆、(1)、さくらえび、ごまを加え、さっくりと混ぜます。
  • 揚げ油を中温(160~170℃)に熱します。(3)を好みの大きさに落とし、からりと揚げます。
  • 器に盛って(2)を添え、Bのつゆでいただきます。

衣には卵白だけを使うと、少量でふんわり&カロリー低めになりますよ!

のり

のり

パリッとした食感が楽しめる乾燥のりや、甘辛く煮た佃煮などに加工され、ごはんやおにぎりのお供として広く親しまれるのり。飛鳥~奈良時代にかけては、朝廷への貢ぎ物として定められる高級品でしたが、江戸時代に養殖技術が発達し、庶民が手にできる食材になりました。

水温が低くなる秋から冬にかけて、旬を迎えます。特に、初秋に収穫されるのりは「新のり」と呼ばれ、やわらかく香り高いことが特徴です。

のりの栄養

ビタミンA・B1・B2

皮膚や粘膜の修復に必要不可欠なビタミンA、疲労回復に効果的なビタミンB1・B2が豊富。タテ21センチ×ヨコ19センチの一般的な板のりの場合、2~3枚ほどで1日分の摂取量を満たすことができます。

食物繊維

のりの約3分の1は食物繊維で構成されています。野菜に含まれる食物繊維より柔軟なので、胃や腸を傷つけることなく穏やかに整えます。

イコサペンタエン酸(EPA)

血液をサラサラにする効果があり、中性脂肪を減少させます。高脂血症や血栓症、高血圧などの生活習慣病の予防に効果的です。

かしこい選び方

乾燥のりの場合、濃い深緑色や深紫色のもの、光沢があるものが良いと言われています。穴や破れがなく、厚さが均一なものを選びましょう。

保存のポイント

乾燥のりの大敵である「湿気」を避けて保存するため、次のポイントを心がけましょう。

ジッパー付きの袋に入れ、密閉する。
1度に使う分ずつ、小分けしておく。
湿気が少ない冷蔵庫や冷凍庫で保存する。

また、冷蔵庫や冷凍庫で保存しておいたのりは、必ず常温に戻した後に袋から取り出しましょう。冷やされて乾燥した状態では、外の空気の水分を吸収しやすいため、のり独特のパリッとした食感が失われてしまいます。

ページトップへ

ハーバルクッキング