ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

焼き野菜のマリネ

やわらかくて甘味のある、カラーピーマンをたっぷり使ったマリネ。大きな器に盛ればおもてなしとしても見ばえがします。酸味がほどよくきいた、さっぱりとした味です。

材料(2人分)
とりもも肉 150g
小さじ1/8
たまねぎ 1/2個(横半分100g)
赤ピーマン(大) 1/2個(150g)
黄ピーマン(大) 1/2個(150g)
なす 1個(70g)
にんにく 1片(10g)
白ワイン 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
A
小さじ1/8
こしょう 少々
マリネ液
ワインビネガー(白) 大さじ3
白ワイン 大さじ1
ローリエ 小1枚
オリーブ油 大さじ1

調理時間:15~30分

カロリー:295kcal

焼き野菜のマリネ

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:大井一範


作り方

  • たまねぎは5~6mm厚さの輪切りにし、2~3つずつにばらばらにします。ピーマンは種をとり、8つずつに切ります。なすは1cm厚さの輪切りにします。にんにくは薄切りにします。
  • マリネ液の材料は合わせます。
  • とり肉はひと口大のそぎ切りにし、塩をふります。
  • フライパンにオリーブ油大さじ1/2を温め、肉を入れて中火で焼き、焼き色がついたら裏返し、なすを加えて一緒に両面に焼き色がつくまで焼きます。ワイン大さじ1/2を加えてふたをし、1~2分蒸し煮にします。とり出してマリネ液につけます。
  • フライパンの油をペーパータオルでふきとり、オリーブ油大さじ1/2とにんにくを入れて温めます。香りが出たら、残りの野菜を入れて、中火で1~2分いためます。Aとワイン大さじ1/2を加えてふたをし、弱火で1分ほど蒸し煮にします。マリネ液に入れ、30分ほどつけます。

ワインビネガーの酸味が食欲を刺激!暑さで食欲がない時も、野菜&お肉をバランスよく摂れる一品です。

ピーマン

ピーマン

緑・赤・黄色と目に鮮やかで、サラダや炒め物、肉詰めなど、さまざまなレシピに活躍するピーマン。

普段よく目にする緑色のピーマンは未成熟の実で、完熟すると黄色や赤色のカラーピーマンへと変化します。どの色のピーマンもビタミンが大変豊富で、特にビタミンCの量は同サイズのレモン1個分ほどと言われています。

ピーマンの栄養

ビタミンP

柑橘類に多く含まれる栄養素。血流改善、高血圧の予防、コレステロール値の低下に力を発揮します。

ビタミンC

皮膚や粘膜の健康維持、免疫力やストレスに対する抵抗力を高める力を持ちます。

かしこい選び方

ピーマンを選ぶ際には、次のポイントをチェックしましょう。

緑色が鮮やかで、ツヤのあるもの
手に取って重みのあるもの
ヘタがピンとしていて、切り口がみずみずしいもの

保存のポイント

冷蔵保存の場合

表面の水分をよく拭き取ってから、ジッパー付きの袋に入れて冷蔵庫で保存。1週間前後で使い切りましょう。

冷凍保存の場合

ピーマンを縦半分に切り、種とワタを取り除きます。水道水でサッと洗って水気を拭き取った後、密閉容器に入れて冷凍しておくと1ヶ月ほど持ちます。

ページトップへ

ハーバルクッキング