ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

えびとブロッコリーのマヨネーズいため

こっくりと甘味のある味がくせになるおいしさ。マヨネーズは最後にさっと材料にからめ、加熱しすぎないようにします。

材料(2人分)
えび(無頭) 150g
ねぎ 1本
サラダ油 大さじ1
ブロッコリー 大1株(300g)
小さじ1/6
A
小さじ1/8
大さじ1/2
かたくり粉 大さじ1
B
マヨネーズ 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ1/2
マスタード(または練りがらし) 小さじ1/2

調理時間:15分以内

カロリー:250kcal

えびとブロッコリーのマヨネーズいため

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:大井一範


作り方

  • ブロッコリーは洗い、小房に分けます。水気をつけたまま皿にのせて、塩をふります。ラップをふんわりかけて、電子レンジで約2分加熱します。
  • えびは殻と尾をとり、背を切り開いて背わたをとります。塩水(水カップ1に塩小さじ1の割合、材料外)で洗い、水気をふきます。Aをもみこみます。
  • ねぎは2cm長さに切ります。Bは合わせます。
  • フライパンに油を温め、えびとねぎを中火でいためます。えびの色が鮮やかになったら、ブロッコリーを加え、さらにいためます。全体に油がまわったら、Bを加えてひと混ぜし、火を止めます。

子どもから大人まで食べやすいマヨネーズ風味。晩ごはんにもぴったりですよ!

ブロッコリー

ブロッコリー

キャベツの変種であるブロッコリー。ビタミン、β–カロテン、カルシウム、カリウム、食物繊維、さらに疲れ目やドライアイの予防に効果的なルテインが、豊富かつバランスよく含まれる野菜です。

近年では、ブロッコリーの新芽である「ブロッコリースプラウト」も注目を集めています。優れた解毒・抗酸化作用を持つスルフォラファンが大変豊富です。

ブロッコリーの栄養

ルテイン

疲れ目やドライアイだけでなく、さまざまな眼病の予防と改善に力を発揮します。体内で作り出せない栄養素ですので、毎日の食事で積極的に摂取しましょう。

ビタミンC

疲労や老化の原因である活性酸素を除去するビタミン。ブロッコリーのビタミンC含有量は、レモンの約2.5倍に相当すると言われています。

β–カロテン

体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の修復をサポートする栄養素。健康な皮膚や粘膜は、ウイルスや有害物質の侵入を防いで免疫力を高めます。

かしこい選び方

ブロッコリーを選ぶ際は、次のポイントをチェックしましょう。

つぼみ部分の緑が濃いもの
茎がしっかりしているもの
切り口がみずみずしいもの
つぼみ部分がこんもりとしていて、中央部が盛り上がっているもの

保存のポイント

ブロッコリーは日持ちしにくい野菜です。ビニール袋に入れて、立てた形で冷蔵庫で保存し、4-5日で使い切りましょう。一口大にわけて茹で、ジッパーつきの袋やタッパーに入れて冷凍保存しておくと、サッと料理に加えられ、お弁当の彩りにもなり便利です。

ページトップへ

ハーバルクッキング