ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

豆苗のえびぎょうざ

豆苗は食物繊維も、カロテンやビタミンEも豊富

材料(2人分)
豚ひき肉 50g
えび 3尾(70g)
豆苗 1パック(100g)
ねぎ 10cm
ぎょうざの皮 1/2袋(12枚)
サラダ油 大さじ1
A
小さじ1/6
砂糖 小さじ1/4
しょうが汁 小さじ1/2
小さじ1
ごま油 小さじ1
こしょう 少々
B
小さじ2
しょうゆ 小さじ1
ラー油 少々

調理時間:15~30分

カロリー:286kcal

豆苗のえびぎょうざ

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:松本祥孝


作り方

  • 豆苗はあらくきざみ、塩小さじ1/8(材料外)をふり、さっと混ぜて1~2分おきます。
  • ねぎはみじん切りにします。えびは殻と背わたを除いて、あらくきざみます。
  • ひき肉と、(2)、Aを合わせ、よく混ぜます。
  • 豆苗の水気をしぼって(3)に加え、よく混ぜます。12等分し、ぎょうざの皮で包みます。
  • フライパンに油小さじ1を弱火で熱し、(4)を並べて熱湯200mlを加え、ふたをして強火にして約5分、水分がなくなるまで蒸し焼きにします。
  • ふたをとり、残りの油をぎょうざの上から全体にかけ、弱火で3〜4分、皮がパリッとするまで焼きます。Bを合わせて添えます。

一口で食べやすく、ホームパーティーや家飲みのおつまみにもぴったりですよ!

えび

えび

えびは、サラダや炒め物、スープなど様々な料理との相性がよい食材です。高タンパク・低脂肪で糖質が少ないという特徴があり、ダイエットや筋肉作りに最適な食材として近年注目されています。

また、動脈硬化や高血圧、高脂血症などの予防に力を発揮するタウリンやキチンが豊富に含まれています。

えびの栄養

タウリン

血中の悪玉コレステロールや中性脂肪の減少に力を発揮します。

キチン

動物性食物繊維の一種。腸のぜん動運動を助け、老廃物の排出をサポートします。

かしこい選び方

えびを選ぶ際は、次のポイントをチェックしましょう。

尾や足の付け根が変色して黒くなっていないもの
むきえびの場合は冷凍のもの
解凍むきえびの場合は、水が出ていないもの
有頭の場合は、頭がぐらつかず、身がしまっているもの

保存のポイント

購入後すぐに使わない場合は、冷凍保存が最適です。洗って背わたをとり、くっつかないように1尾ずつ、もしくは1度に使う量をラップに包みます。これを、密閉容器や密閉ビニール袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。

有頭殻つきの場合は、そのまま密閉容器に入れ、えびが浸かるほどの水か薄い食塩水を入れて冷凍しておくと、長期保存が可能です。

ページトップへ

ハーバルクッキング