ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

さといもといかのごまみそ煮

定番の煮ものにごまをたして、ひと味変わったおいしさに

材料(2人分)
さといも 6個(約360g)
いか 1ぱい(約250g)
みそ 大さじ1
練りごま(白) 小さじ2
いりごま(白) 小さじ1
A
だし カップ1と1/2
みりん 大さじ2
大さじ1
砂糖 小さじ2
しょうゆ 小さじ1

調理時間:15~30分

カロリー:270kcal

さといもといかのごまみそ煮

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:中里一曉


作り方

  • さといもは皮をむき、大きければ半分に切ります。
  • いかは内臓を除いて、胴は輪切り、足は2〜3本ずつに、それぞれ食べやすい大きさに切ります。
  • 鍋にAを煮立て、さといも、いかを入れます。落としぶたをし、鍋のふたをずらしてのせて、中火で約10分煮ます。
  • さといもがやわらかくなったら、ふたをとり、みそと練りごまを煮汁に混ぜます。火を強め、煮汁をからめながら煮て、とろみが出てきたら火を止めます。
  • 器に盛りつけ、ごまを散らします。

ごまは人差し指でひねりつぶしながら散らしましょう。ごまの油分が出て、香りと風味が増しますよ!

さといも

秋から冬に旬を迎えるさといも。東南アジアが原産地だと言われ、日本では平安時代の万葉集の歌にも登場するほど、古くから人々に親しまれてきた食材です。

さといもの実は、根のように見えますが茎が肥大したものです。
株の中心にある親いもと、その周りに増える子いもがあり、品種によって食べる部分が異なっています。

さといもの栄養

さといも

カリウム

体内の余分な塩分を排出し、高血圧やむくみの予防に力を発揮します。

ガラクタン

さといものぬめりのもと。血圧やコレステロールを下げる効果があると言われています。

ムチン

さといものぬめりのもと。胃や腸等の粘膜を保護し、潰瘍を予防する効果があります。

かしこい選び方

さといもを選ぶ際は、次のポイントをチェックしましょう。

皮に湿り気があり、土がついているもの
皮にヒビのないもの
実が固くしまっているもの

保存のポイント

水で湿らせた新聞紙で包み、10〜25℃の冷暗所で保存しましょう。冷蔵庫で保存すると、低温障害を起こし痛みやすくなります。冷凍する場合は、皮をむいて茹で、密閉袋などに入れて保存しましょう。レンジで解凍し、そのまま料理に使うことができます。

ページトップへ

ハーバルクッキング