ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

おもてなし料理にも 豚スペアリブのオーブン焼き

スペアリブは、みりん入りのたれでつやよく焼きあげます。たれに漬ければ、あとはオーブンにおまかせ!

材料(4人分)
豚スペアリブ
(約6cm長さのもの)
600g
りんご 100g
クレソン 1束(40g)
A
りんご 50g
にんにく 1片(10g)
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ3
サラダ油 大さじ1
B
レモン汁 大さじ1
砂糖 小さじ1/4
小さじ1/6
こしょう 少々
オリーブ油 大さじ1・1/2

調理時間:15~30分以上

カロリー:544kcal

豚スペアリブのオーブン焼き

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:鈴木正美


作り方

  • Aのりんご50gとにんにくはすりおろす。Aを合わせ、スペアリブを約1時間つける(1時間以上つけおく場合は、冷蔵庫に入れる)。
  • オーブン皿にオーブンシートを敷き、スペアリブを並べる。180℃に予熱したオーブンで約25分、火が通るまで焼いて、器に盛る。
  • りんご100gは薄いいちょう切りにする。クレソンは3cm長さに切る。Bは合わせる。
  • いちょう切りにしたりんごとクレソンをBであえ、スペアリブに添える。

ソースとつけ合わせに使うりんごには、髪や肌を美しく保つために欠かせないビタミンがたっぷりですよ♪

豚肉

ビタミン ・ ミネラルがバランスよく含まれている豚肉。牛肉や鶏肉に比べてどの部位も味や食感が均一であり、様々な料理に合うことが特徴です。

豚肉を食べる文化は、弥生時代に稲作とともに日本に伝わったと言われています。その後、仏教の広まりによって一時衰退しますが、江戸時代に再び「御馳走」として人々に愛される食材となりました。

豚肉

豚肉の栄養

ビタミンB1

「疲労回復ビタミン」とも呼ばれ、体の中で糖質をエネルギーに代えるために必要なビタミン。皮膚や粘膜の健康を維持する働きもあります。

亜鉛

体内でタンパク質の合成に関わり、健康な髪や爪の成長をサポートします。

かしこい選び方

豚肉を選ぶ際には、次のポイントをチェックしましょう。

  • ツヤのあるもの
  • 淡いピンク色のもの
  • パサついていないもの
  • ドリップ(肉汁、赤い液体)が出ていないもの
  • 固まりの場合は、締まりのあるもの

保存のポイント

冷蔵の場合は、1度パックしてから出して、キッチンペーパーで軽く押さえて水気をとった後、密閉袋などに入れて冷蔵室やチルド室で保存します。ひき肉の場合は1日前後、薄切りの場合は2日程度、厚切りやかたまり肉の場合は4日程度を目安に使いきるようにしましょう。

また冷凍の場合は、空気に触れないようラップでしっかりと包んでから冷凍庫に入れ、2週間程度で食べきりましょう。

ページトップへ

ハーバルクッキング