ハーバルクッキング カラダが喜ぶ食材を使ったレシピを紹介!

味覚から春を感じる オリーブオイルと菜の花のパスタ

ほろ苦い菜の花を堪能できるパスタです

材料(2人分)
スパゲティ(太) 200g
2リットル
大さじ1
菜の花 150g
オリーブ油 大さじ2
ベーコン 3枚
にんにく 1/2片
赤とうがらし 1/2本
白ワイン 大さじ2
少々

調理時間:15~30分

カロリー:649kcal

オリーブオイルと菜の花のパスタ

レシピ提供:ベターホームのお料理教室
http://www.betterhome.jp
料理写真:大井一範


作り方

  • 菜の花は根元を切ってゆで、水にとって水気をしぼり、半分に切ります。ベーコンは1cm幅、にんにくは薄切りにします。とうがらしは小口切りにして種をとります。
  • 分量の湯に塩を入れて、スパゲティを表示時間を目安にゆでます。
  • フライパンに油を熱し、ベーコンをカリカリに炒めます。火を少し弱め、とうがらし、にんにくを炒めます。香りが出てきたらワインを加えてひと煮立ちさせ、菜の花を入れて塩で調味します。ゆでたてのスパゲティを加えて混ぜます。

パスタのほかにも、独特のほろ苦さが特徴の春の食材「菜の花」を使ったレシピを紹介しています。毎日のレシピにプラスして、味覚から季節を感じましょう♪

オリーブオイル

地中海地方で生まれ、「聖なる油」として大切にされてきたオリーブオイル。「毎朝スプーン1杯のオリーブオイルが健康をつくる」との言い伝えが残っており、古くから健康や美容への効果が注目されてきたオイルです。近年の研究により、オリーブオイルに豊富に含まれる「オレイン酸」は、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病や、胃潰瘍、胸やけを予防することが明らかになりました。また、肌荒れや便秘の解消にも力を発揮すると言われています。

オリーブオイル

オリーブオイルの栄養

オレイン酸

オリーブオイルの主成分。悪玉コレステロールを下げ、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を予防する効果があると言われています。

必須脂肪酸(リノール酸、リノレン酸など)

生活習慣病の予防に効果的な成分。体の中で作ることができない脂肪酸なので、食事で適量をとり続けることが大切です。

かしこい選び方

オリーブオイルを選ぶ際には、種類の違いもチェックしましょう。

バージンオリーブオイル

オリーブの実を搾り、ろ過することで採れるオイル。サラダやマリネに加えたり、料理の香り付けに適しています。

ピュアオリーブオイル

バージンオリーブオイルと、精製したオイルを混ぜ合わせたオイル。炒め物など、加熱する料理に最適です。

保存のポイント

直射日光を避け、暗い場所で保存しましょう。また、冷蔵庫など温度の低いところで保存すると、白い沈殿物が生じてしまうことがあるため注意が必要です。未開封の場合の賞味期限は1~2年程度ですが、開封後はなるべく早めに使い切りましょう。

ページトップへ

ハーバルクッキング