おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

トリートメントについて学ぼう!

ヘアトリートメントとは?

髪に、水分や栄養を与えて補修・保護するヘアケアのこと。

どんなタイプのトリートメントがあるの?

髪にしなやかさを与え、若々しい印象に。

前編・後編と2回に渡って、トリートメントの効果やケア方法についてご紹介している「トリートメント特集」。後編では「洗い流さないトリートメント」についてお伝えしていきます。空気が乾燥し始める秋冬、パサツキなどこの時期ならではの髪のお悩みがでてくる季節です。自分にあったタイプのトリートメントで正しくケアし、ツヤツヤとうるおった美しい髪を手に入れましょう。

洗い流すトリートメントについてはこちらでおさらい

ヘアトリートメント特集前編

ヘアトリートメント特集 後編「洗い流さないトリートメント編」今回は、洗い流さないトリートメントの中でもよく目にする、オイルタイプ、ミスト(ローション)タイプ、ミルク(乳液)タイプの3種類についてご紹介します。

どんな髪に最適?

オイルタイプ

ダメージによって艶が失われた髪や、ひどく乾燥した髪に適しています。艶としなやかさを与えます。

ミスト(ローション)タイプ

パサつく髪や静電気が発生しやすい髪におすすめです。
髪全体のしなやかさを保ちます。

ミルク(乳液)タイプ

髪質がかための人にはコチラ!なめらかな髪へと導きます。

どんな効果があるの?

オイルタイプ

植物性オイルなどの乾燥を防ぐ成分と、しなやかさを与える成分が、毛髪表面をなめらかに整えます。また、キューティクルダメージから髪を守り、枝毛や切れ毛を防ぎます。

ミスト(ローション)タイプ

アミノ酸やタンパク成分といった毛髪を補修し乾燥を防ぐ成分が、髪にしっとりとしたやわらかさを与えます。また、クセ毛を落ち着かせ、パサつきやゴワつきを抑えます。商品によってはドライヤー前に塗布することで、熱によるダメージを防ぐことができるものもあります。

ミルク(乳液)タイプ

オイルタイプとミストタイプの両方の効果を併せ持っています。パーマやヘアカラー後の乾燥にも効果的です。

正しいヘアトリートメントを学ぼう!

オイルタイプ・ミルク(乳液)タイプ

  • 手のひらにトリートメントを取り、洗髪後の濡れた髪に薄く塗布。コームなどで毛流れを整えます。
  • yaji01

ミスト(ローション)タイプ

  • 洗髪後の濡れた髪の中間から毛先にかけて均一に噴霧し、徐々になじませていきます。
  • yaji01

ドライヤーの緩やかな温風で軽く毛流れを整えると、髪全体が落ち着きます。

トリートメントは毛先から徐々につけていきましょう。根元から塗布すると、髪質によっては仕上がりに重さやベタつきがでることがあります。

あなたにぴったりのトリートメントは見つかりましたか?前編の「洗い流すトリートメント編」もあわせてチェックしてみてくださいね!

おすすめアイテムピックアップ

Deep Element CMCコンク

<Deep Element CMCコンク>

ハイパーナノCMC配合で、髪の内側からパサつきを集中補修。指通りなめらかな髪に。
・SV[ジュレタイプ]シルキーベルベット
・MA[ミルクタイプ]モイストアクア

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室