おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

正しいヘアピンの使い方

正しいヘアピンの使い方

主なヘアピンの種類

ヘアアレンジを崩れにくくするため、固定する場所に応じてヘアピンを使いわけましょう。

  • アメリカピン

片方が直線、片方が波形になったヘアピンのこと。ヘアアレンジに最もよく使用される形です。アメピンと呼ばれることもあります。

アメリカピン

  • スモールピン

アメリカピンの短いもののこと。細かいところを留めるために使用します。

スモールピン

  • Uピン

U字形のヘアピンのこと。ネジピンとも呼ばれ、ヘアアクセサリーやシニヨンヘアーを固定するために使います。

Uピン

  • オニピン

Uピンの小さいサイズのもの。Uピンと同じように、ヘアアクセサリーやシニヨンヘアーを固定するためにために使います。

オニピン

キレイに仕上げるポイント

  • アメリカピン・スモールピンは細かい毛束を固定するのに最適です。
  • アレンジ中に頭皮を傷つけることが心配な人は、先端が丸く加工されているものを選びましょう。
  • どの種類のピンも、自分の髪色にあわせて選びましょう。

イメージ

ヘアピンの持ち方

まずは、毎日のスタイリングで使う機会の多い、アメリカピンとスモールピンの持ちかたを学びましょう。

イメージ

  • ピンを利き手と反対の手の親指にはさみ込みます。
  • 利き手の人差し指を45度の方向から入れ、親指を添えます。
  • ピンの後部に利き手の中指を添えます。

ヘアピンの留め方

次は、アメリカピンとスモールピンの留め方を紹介します。
実際に、鏡で確認できる顔周りの髪の毛を使って練習してみましょう。

髪表面を固定する場合

イメージ

  • ピンで留めたい場所の下を、利き手と反対の手で押さえます。
  • ピンを頭皮に対して垂直に入れます。
    ピン先が頭皮に当たったところで90度倒し、中指で押し込みます。

毛束をひとつ織り込んだ場合

イメージ

  • 毛束を1回ねじり、利き手と反対の手で押さえます。
  • ねじった方向と表面の髪の毛の接点に、下からピンを入れて固定します。

毛束を数回ねじった場合

イメージ

  • 毛束を数回ねじり、利き手と反対の手で押さえます。
  • ねじった方向と表面の髪の毛の接点に、下からピンを入れて固定します。

キレイに仕上げるポイント

  • 留めたい髪の毛の量が多い時は、少しずつわけて留めていきましょう。
  • へアワックスや洗い流さないトリートメントを髪にもみ込みんでベースを作っておくと、固定しやすくなります。

頭の後ろの見えない部分も、感覚を覚えればきれいに固定できるようになりますよ♪

おすすめアイテムピックアップ

イメージ

<ルッチ スタイリングシリーズ>

天然・植物由来の成分配合で、髪と頭皮を健やかに美しく保ちます。軽い仕上がりでベタつかず、理想的なスタイルをサポート。

  • フラッフィラテ  <ヘアトリートメントフォーム>
  • メルティシロップ  <ヘアトリートメントオイル>
  • シフォンミルク  <ソフトへアワックス>
  • バウンシィクリーム  <ノーマルへアワックス>
  • マニッシュバター  <ハードへアワックス>

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室