おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

オイルシャンプーについて学ぼう!

オイルシャンプーとは?

「油性成分」が含まれたシャンプーの総称。

「加脂剤」と言われる、洗髪によって生じるきしみやゴワツキを低減させる「油性成分(オイル)」が含まれているシャンプーのことです。

「油性成分(オイル)」の働きは?

髪にしっとり感を与えるほか、オイルクレンジング効果も。

使用感・仕上がり洗髪時のすべりを良くし、仕上がりにしっとり感を与えます。

オイルクレンジング効果頭皮の汚れや余分な皮脂をオイルで浮かせる働きがあります。

イメージ

どんなオイルが含まれているの?

よく配合されているのは「植物オイル」。

アルガンオイル:ビタミンEを多く含み、髪や頭皮の潤いを保ちます。
ホホバオイル:髪の乾燥を防ぐと言われています。
オリーブオイル:髪の表面を整えて艶やかに仕上げます。
また、皮脂とのなじみがよく、毛穴に詰まった不要な皮脂を浮かせる働きがあります。

どんな悩みを持つ人におすすめ?

乾燥やダメージが気になる人に。

オイルシャンプーは、しなやかでツヤのある髪に仕上がります。
髪と頭皮の乾燥が気になる人、パーマによる髪のパサつきが気になる人、髪にまとまりが欲しい人や、静電気が起きやすい人におすすめです。
また、これまでにヘアカラーやパーマをしていない、なめらかさやツヤのある健康な髪を維持したい人にもおすすめです。

イメージ

オイルの働きについてもっと詳しく

オイルの働きについて

「オイル」と聞くと、ベタつきや重さが出てしまうというイメージを持っている方もいるのでは?

これまでのオイルシャンプーは、しっとり感やまとまりを与える目的でオイルを配合したものが主流でしたが、近年ではオリーブオイルやモノイオイルなどといった、不要な皮脂を除去する「オイルクレンジング効果」を持つ成分をブレンドしたオイルシャンプーが登場しています。

イメージ

  • 働き1

汚れを落としながら、髪と頭皮に必要な油分をプラス

シャンプーをすると、汚れが落ちると同時に、髪や頭皮に必要な油分が奪われてしまいます。これは髪や頭皮の乾燥や、きしみの原因になってしまうことがあるのです。しかし、オイルシャンプーでは頭皮や髪の汚れを除去すると同時に、必要な油分を補うことができます。これによって、洗い上がりは汚れのない、本来のしなやかな状態へと導くことが出来るのです。

  • 働き2

洗髪時の髪のダメージを低減

油性成分の配合されたオイルシャンプーは、髪のすべりを良くし、きしまず、指通りよく洗髪できるため、摩擦等によって起こるダメージを低減することができます。

オイルクレンジングのしくみ

オリーブオイルやモノイオイルなどの成分による、オイルクレンジングのメカニズムを紹介します。

オイルクレンジング効果で皮脂汚れを除去

近年様々なシャンプーが登場しています。自分にあったシャンプーを選ぶためには、まず種類やその働きを知ることが大切です!

おすすめアイテムピックアップ

イメージ

<シーズントリップ>

サマートラブルに対応した、Oil in クレンジング&Oil in トリートメント処方のシャンプー&ヘアトリートメント。ここちよい香りに包まれながら、髪と頭皮をスッキリとやさしく洗い上げます。

  • シチリアスタイル
    (オレンジ&トロピカルフルーツの香り)
  • タヒチスタイル
    (ココナッツ&ティアレの花の香り)

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室