おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

カラーを選ぶポイント!

髪質の違い

もとの髪の色や硬さによって、出やすいカラーが異なります。

  • 髪が黒くて硬い
    赤系・オレンジ系のカラーが出やすくなります。
    赤みが気になる場合は、イエロー系やアッシュ系のヘアカラーを選びましょう。
  • 髪が茶色くやわらかい
    黄色系・アッシュ系のカラーが出やすくなります。
    黄みが気になる場合は、ピンク系やオレンジ系のヘアカラーを選びましょう。

瞳・肌・髪の色

瞳や肌の色、もとの髪色等を基にして、それぞれになじむカラーを知ることができます。自分にあったカラーを選ぶことで、表情や顔色が明るく見えます。

▼詳しくはこのページ後半で紹介しています!

イメージ


自分に似合う色を見つけよう!

似合うカラー診断

診断1 瞳の色

自分に似合うヘアカラーを見つける際、1番のポイントになるのが瞳の色。瞳の色に近い色を選ぶと、全体の雰囲気になじむと言われています。

瞳の色が真っ黒 or 黒に近い焦げ茶

瞳の色が明るい茶色

診断2 肌の色

自分の肌色がピンク系とイエロー系のどちらのタイプか悩む場合は、肌になじむファンデーションやチーク、リップの色を参考にしてみましょう。

ピンク系の肌の人

普段のメイクで、青みがかったピンクやローズレッド系のチークやリップがなじむという人が多いのが特徴です。

ヘアカラーはレッド系、レッドブラウン系、ピンク系等、赤みの入った暖色が似合います。

おすすめのヘアカラーチャート

イエロー系の肌の人

普段のメイクで、オレンジ系やゴールドベージュ系のチークやリップがなじむという人が多いのが特徴です。

ヘアカラーはオレンジ系、イエロー系、ベージュ系、アッシュ系等、赤みを抑えた色が似合います。

おすすめのヘアカラーチャート

診断3 顔立ち

輪郭や顔全体の印象も、似合うカラーを決めるポイントになります。


  • 丸顔で、実年齢より若く見られることが多い人
    明るいトーンの色がおすすめです。
    よりふんわりとした雰囲気にみせてくれます。
  • シャープな輪郭で、大人っぽい顔立ちの人
    暗めのトーンの色がおすすめです。
    洗練された雰囲気が引き立ちます。

イメージ


PLUS ONE

ライフスタイルもポイントに!

同じ色でも、屋内と屋外等といった光条件の差によって印象が変わります。屋内にいることが多い人は、アッシュ系のカラーを選ぶと蛍光灯の光となじみやすく、髪がキレイに見えます。一方、屋外にいることが多い人は、少し暗めのカラーを選ぶと髪のツヤが引き立ちます。

また、結婚式等の大事なイベントのためにヘアカラーをする場合は、プロに相談するのが安心。希望のカラーだけでなく、どんな場所でキレイに見えるカラーにしたいかを伝えることで、理想のカラーを目指しましょう。

長い期間キレイな色を楽しむためにも、カラー後は専用シャンプー&トリートメントでのケアを忘れずに!

おすすめアイテムピックアップ

ハーブマジック

<ハーブマジック スキャルプシリーズ>

植物エキスを配合。髪と頭皮をいたわりながらやさしく洗い上げ、人が本来持つ「自然治癒力」を考えたスキャルプケアです。

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室