おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

静電気が起きる原因は?

静電気はなぜ起きるの?

「ブラッシング時に髪が広がる」「着替えをする時に服と髪が擦れて、髪が顔や首にまとわりつく」など、誰もが経験する不快な現象。これらは「静電気」によるものです。

私たちの身のまわりのものは、全てプラスとマイナスで構成された電気を帯びています。通常は、プラスとマイナスの量が同じになっていて、私たちは電気を帯びていることを感じません。しかし、物体同士がぶつかったり、摩擦が生じたとき、電気のバランスが崩れて静電気が発生するのです。

髪と頭皮にはこんな影響が…

  • 髪のパサつき
    静電気は髪表面のキューティクルを傷つけ、はがれやすい状態にします。キューティクルがはがれた部分から、髪内部の水分やタンパク質が流出すると、髪のパサつきの原因になります。
  • 頭皮のかゆみや炎症
    静電気が起こると、頭皮にチリやホコリが集まりやすくなります。チリやホコリには空気中の様々な菌が付着していることがあり、頭皮のかゆみや炎症の原因にもなります。

イメージ


静電気から髪と頭皮を守る!

静電気を予防する4つのポイント

髪と頭皮を静電気から守るためには、毎日の生活の中で継続的に対策を行うことが大切です。

ポイント1 加湿

静電気は、湿度が35%以下になると発生しやすくなると言われています。

空調の効いた室内に長時間いる時や、空気が乾燥していると感じた時は、加湿器などを利用して湿度を調整しましょう。スプレータイプの保湿ミストも効果的です。

ポイント2 髪と頭皮の正しいケアを

1日に何度も洗髪したり、洗浄力の強いシャンプーの使用は避け、髪と頭皮に必要な皮脂や水分を奪わないように注意しましょう。

また、洗髪後は洗い流さないトリートメントを使って髪を保護・保湿しましょう。

ポイント3 ブラッシングはやさしく

乾燥しやすい髪の毛先は、静電気が発生しやすくなっています。髪全体を一気にブラッシングするのは避け、まずは毛先をやさしくとかしましょう。

その後、ゆっくりと全体をブラッシングすることで、髪へのダメージや静電気の発生を抑えることができます。

ポイント4 バランスのよい食事

カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウムなどのミネラルを多く含む食品を、積極的に摂りましょう。静電気を放出しやすい弱アルカリ性へと体を整えます。

海藻類の入ったサラダを選んだり、間食にチーズを摂るなど、毎日続けられる形で摂取しましょう。

イメージ
イメージ

おでかけ先での静電気の応急処置には、ハンドクリームを薄く髪の毛に塗布すると効果的です!

おすすめアイテムピックアップ

シーズントリップ  ウィンターシリーズ

<シーズントリップ ウィンターシリーズ>

髪にも肌にも使えるモイスチュアクリーム。植物由来の保湿成分を配合し、乾燥から守ります。

・ニューヨークスタイル モイスチュアクリーム
・フィンランドスタイル モイスチュアクリーム
・ベルギースタイル モイスチュアクリーム

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室