おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

髪が乾燥する原因は?

髪の乾燥はなぜ起こるの?

空気の乾燥だけでなく、毎日の何気ない習慣が髪の乾燥につながることがあります。

  • 空気の乾燥
    空気が乾燥する季節やエアコンの効いた室内など、湿度の低い環境に長時間いると、髪の水分が奪われていきます。
  • ドライヤーのあてすぎ
    気温が下がる季節は、洗髪後にドライヤーを使ってもなかなか髪が乾かず、温風を長時間あててしまいがち。髪表面のキューティクルが浮き上がり、髪の水分が奪われる原因になります。
  • 摩擦
    ゴシゴシと力を入れてタオルドライをしたり、無理なブラッシングをすると、摩擦によってキューティクルが傷つき、髪の水分が失われることがあります。

イメージ


  • 栄養バランスの乱れ
    タンパク質やビタミンなど、健康な髪が育つ材料が充分に摂取できていない場合、髪が乾燥しやすくなります。
  • ストレス・疲れ
    精神的なストレスや体の疲れは、健康な髪の発育を阻害します。髪のツヤや潤いがなくなり、ダメージを進行させることもあります。

放っておくと、こんなトラブルの原因に…

髪の乾燥は、次のようなトラブルの原因になります。

髪がパサつく髪がからまる切れ毛・枝毛
髪がまとまらない静電気が起こりやすい

乾燥から髪を守る!

髪の乾燥を予防する5つのポイント

潤った健康的な髪を守るためには、継続的に対策を行うことが大切です。髪と頭皮を乾燥から守るために、普段から次のようなポイントに注意しましょう。

ポイント1 部屋の湿度を保つ

髪に最適な湿度は60%程です。部屋に加湿器や濡れタオルを置いて、湿度を保つようにしましょう。

ポイント2 帽子やストールを身につける

乾燥した空気に髪が触れないよう、外に出る時は帽子をかぶったり、首もとにストールを巻いて毛先をその中にしまいましょう。

ポイント3 トリートメントケアを入念に

特に乾燥が気になる時は、ドライヤー使用時に洗い流さないトリートメントをプラスしたり、洗い流すタイプのトリートメントの塗布後にヘアキャップをかぶって時間をおくなど、普段より入念にケアしましょう。

ポイント4 ブラッシングはやさしく

プラスチック製のブラシや目の細かいクシは、摩擦が起きやすいので避けましょう。ブラッシング前に洗い流さないトリートメントを塗布して、髪を保護することも効果的です。

ポイント5 バランスのとれた食事

健康的な髪の成長をサポートするためには、毎日の食事の栄養バランスに気を配ることも大切です。髪の材料になるタンパク質を多く含む肉や卵、コラーゲンが多い鶏皮などの食材を積極的に取り入れましょう。

イメージ
イメージ

こちらもあわせてチェック!!

  • 頭皮の乾燥
  • 髪のパサつき
  • ヘアトリートメント

最適なヘアケア用品は季節ごとに異なります。乾燥が気になる時期は、毎日使うシャンプーやトリートメントをしっとりタイプのものに切り替えましょう!

おすすめアイテムピックアップ

シーズントリップ  ウィンターシリーズ

<シーズントリップ ウィンターシリーズ>

髪にも肌にも使えるモイスチュアクリーム。植物由来の保湿成分を配合し、乾燥から守ります。日中、乾燥が気になったらいつでもケアを!

・ニューヨークスタイル モイスチュアクリーム
・フィンランドスタイル モイスチュアクリーム
・ベルギースタイル モイスチュアクリーム

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室