おしえて!ハーバル先生肌のお悩み相談室

どうすればいいの?!

肌のしくみを学ぼう。

肌の「ターンオーバー」って何?

肌のしくみ
肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からなる組織です。このうち最も外側にある表皮は、外部 からの異物の侵入や水分の蒸散を防ぐ働きを担っています。表皮の厚さは約0.2ミリで、角質層・顆 粒層・有棘層・基底層の各層で構成されています。

ターンオーバーのしくみ
肌細胞は、表皮の「基底層」でつくられます。作られた細胞は少しずつ押し上げられて角質層に現れ、その後は垢となってはがれ落ちます。健やかな肌はこの「ターンオーバー」を約4~6週間のサイクルで繰り返しています。

ターンオーバーが乱れると…?

ターンオーバーが早すぎる肌
ターンオーバーが早すぎると、準備の整っていない未成熟な細胞が肌表面に送り出されることになります。この細胞は水分保持力やバリア機能が低いため、肌が乾燥しやすくなったり、シミ、赤み、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。

ターンオーバーが遅い肌
ターンオーバーが遅い場合、古い角質が垢となってはがれ落ちずに肌表面を覆うため、くすみや小じわ、シミ、そばかすが生じやすくなります。また、ハリやツヤが失われることもあります。

ターンオーバーが乱れる原因は…?

次のようなことが原因で、肌のターンオーバーが乱れることがあります。

睡眠不足 栄養バランスの乱れ 血行不良
ストレスや疲れ 間違ったスキンケア

正常なターンオーバーを保つために。

健康美肌をつくる4ポイント

ターンオーバーをスムーズするために注意したいポイントを学びましょう。

ポイント1 クレンジング&洗顔はやさしく丁寧に

ターンオーバーの妨げとなるメイクや不要な油分は、毎日きちんと落とすようにしましょう。
また、無理な力を加えたゴシゴシ洗いは、肌トラブルの原因となりますので避けましょう。

ポイント2 水分補給と軽い運動を

体内の老廃物の排出を促すために、常温の水をこまめに摂りましょう。また、軽い運動は、細胞の働きを活発にする成長ホルモンの分泌を促すと言われています。寝る前の簡単なストレッチなど、手軽にできる運動を取り入れてみましょう。

ポイント3 十分な睡眠を

細胞の働きを活発にしてくれる成長ホルモンは、眠っている間に集中的に分泌されます。6時間以上を目安に睡眠をとりましょう。クレンジングやスキンケアをしっかりと終えてから眠ることも重要です。

ポイント4 しっかりと紫外線を予防

イメージ

紫外線にさらされるとターンオーバーの周期が乱れ、健康な肌細胞が生まれにくくなります。
普段から日焼け止めや帽子などを上手に利用して、肌を守りましょう。

肌のしくみを知ることが、健康美肌への第1歩!体の内外からのケアで、美しい肌が生まれるサイクルをしっかりとサポートしていきましょう。

おすすめアイテムピックアップ

ハーブマジック スキンケア

<ハーブマジック スキンケア>

植物エキス配合のスキンケアシリーズ。うるおいを与えながらすこやかな肌に整えます。

・スキンケアソープ
・スキンケアウォーター
・バリアEiクリーム
・ナイトケアクリーム
・マッサージジェル
・ホットジェル

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室