おしえて!ハーバル先生肌のお悩み相談室

どうすればいいの?!

はじめに 白髪のメカニズム まずは白髪のメカニズムを学びましょう。

髪の色を決める「メラニン色素」

髪の色を決めるのは、メラニン色素という色素。メラニン色素は髪をつくる毛母細胞周辺のメラノサイトという細胞で作り出され、髪の内部へと送られていきます。

メラニン色素には黒色メラニンと黄色メラニンが存在し、この2種類の組み合わせによって髪の毛の色が決まります。黒色メラニンが多いと暗い髪色に、黄色メラニンが多いと明るめの髪色になります。

加齢

メラニン色素を作るメラノサイトは、加齢とともに減少し、髪へのメラニン色素の供給が止まってしまうと言われています。

遺伝

メラノサイトで作られたメラニン色素が髪に送られにくいなどの特長が、遺伝的に親から引き継がれる場合があります。また遺伝だけでなく、白髪になりやすいライフスタイルを引き継いでいることが原因となることがあります。

ストレスやカラダの疲れ

過度のストレスは血行を悪くする原因。血行不良は栄養供給を阻害し、メラノサイトの働きを緩慢にしたり、失わせてしまうことがあります。

栄養不足

偏った食事や無理なダイエットによって栄養バランスが乱れると、メラノサイトが正常に活動するための栄養素が不足してしまいます。

イメージ

アドバイス 白髪対策 日常生活の中で気をつけたいポイントを紹介します。

白髪対策のポイント

日常生活編

十分な睡眠を

睡眠不足になると頭皮の血流が悪くなり、メラノサイトの正常な活動に必要な栄養素や酸素が行き届きにくくなります。

軽い運動

適度な運動は血行を促進し、メラノサイトへの栄養供給を促します。通勤時に1駅歩いてみる、エスカレーターやエレベーターを避けて階段を使うなど、毎日の生活で無理なく取り入れられることから始めてみましょう。

日常生活編イメージ

バランスの良い食事を

健康な髪の成長に必要な栄養を、食事でしっかり摂ることが大切です。特に、メラニン色素のもととなるチロシン、メラノサイトを活性化するカルシウムなどを積極的に摂りましょう。チロシンはチーズや納豆に、カルシウムは小魚や乳製品に多く含まれています。

ヘアケア編

頭皮マッサージ

頭皮マッサージで血行を促進することで、メラニン色素を作るために必要な栄養素をメラノサイトに送ることができます。頭皮用化粧水などを用いて、やさしくマッサージしましょう。

ヘアケア編イメージ

頭皮用化粧水でのケア

正しい洗髪を

爪を立てたり強くこすりながら洗髪すると、頭皮が傷つき、髪の成長サイクルが乱れてしまいます。やさしく洗うことを心がけましょう。また、シャンプーや洗い流すタイプのトリートメントが頭皮に残らないよう、しっかりすすぎましょう。

基本のケアを学ぼう

近年は、20代から白髪に悩む女性が増えています。カラーリングなどで隠すことも可能ですが、まずは白髪を作らせない、健康的な生活を心がけることが大切ですよ!

おすすめアイテムピックアップ

トーヒエッセンスシリーズ

<トーヒエッセンスシリーズ>

頭皮に潤いを与えて、やさしくいたわるスキャルプコンディショニングローション。毎日のケアで健やかな頭皮と髪へ。

・トーヒエッセンス
・トーヒエッセンス エア
・トーヒエッセンス クール
・トーヒエッセンス アイスリフレッシャー

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室