おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

カラー・パーマによるダメージ

どうすればいいの?!

カラー・パーマのメカニズム

シャンプー

ヘアカラーとは

一般的なヘアカラーは、二剤式と言われており、1剤と2剤をミックスしてから髪に塗布します。

1剤に含まれる「酸化染料」と2剤の「過酸化水素水」を混ぜることにより反応を起こして発色し、髪を染めることができるようになります。また、1剤に含まれる「アルカリ剤」には、髪のキューティクルを開いて混合液が髪の内部に浸透しやすくする作用と、2剤の酸化剤 (過酸化水素水) から酸素を発生しやすくする作用があります。

1剤

酸化染料(役割:酸素で酸化発色)

1剤に含まれる色素。体質によって皮膚アレルギーを生じることがあるため事前のパッチテストは欠かせません。(ジアミン染料ともいわれています)

アルカリ剤(役割:膨潤軟化作用)

髪を膨潤軟化させ、メラニンの分解を助ける役目がありますが、同時に毛髪のゴワつきやパサつきの原因になることもあります。

2剤

過酸化水素水(役割:脱色と発色)

髪のメラニン色素の脱色と酸化染料を発色させる役割がありますが、頭皮や髪にダメージを与えることがあります。

カラー塗布前。キューティクルは閉じた状態です。
カラー塗布前。キューティクルは閉じた状態です。

カラー塗布。アルカリ剤がキューティクルを開きます。
カラー塗布。アルカリ剤がキューティクルを開きます。

開いたキューティクルに過酸化水素水が入り、毛髪内部のメラニン色素を分解し、酸化染料を発色させます。
開いたキューティクルに過酸化水素水が入り、毛髪内部のメラニン色素を分解し、酸化染料を発色させます。

Warning!

1剤のアルカリ剤がキューティクルを開くため毛髪内部の水分・油分・タンパク質が流出、また、2剤の強い酸化力によって髪にダメージを与えます。

パーマとは

パーマは、硬い髪の内部組織を薬剤によって科学的に柔らかくし、クセをつけて、また元の状態に戻す、というしくみで髪にウエーブをつけたり、真っ直ぐに伸ばしています。

1剤

1剤塗布

1剤塗布

髪の内部組織を弛め、柔らかくしてクセをつけやすくします。

2剤

1剤

2剤処理

内部組織を再び元の状態に戻すことで、ウエーブやストレートの形状を固定します。

元の状態に戻す際、きちんと施術できていなかったり、アフターケアが中途半端になると、毛髪の成分が流出し、弱った状態になってしまいます。

Warning!

パーマ直後の髪の毛はダメージを受けやすく、紫外線や外からの刺激、シャンプーなどでさらに弱り、乾燥してダメージヘアとなります。

解決方法・改善策を公開!

どんなケアをしたらいいの?

商品選びのポイントは?

生活面での改善策は?

きちんとしたケアが、カラー・パーマヘアを美しく長持ちさせるカギです!

おすすめアイテムピックアップ

Deep Element シリーズ

髪にやさしい自然素材成分配合で、キレイな色が長持ち。
自慢の「髪」と「カラー」「パーマ」を大切に守ります。

<ピュアファクターシリーズ>

・ピュアファクター シャンプー
・ピュアファクター モイストパック
・ピュアファクター ウォータートリートメント

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室