おしえて!ハーバル先生髪のお悩み相談室

どうすればいいの?!

はじめに ヘアピンだけで簡単おしゃれヘアに

お出かけ前は時間がない!

食事に、家事に、身支度に、何かとバタバタする朝。ヘアアレンジにまで時間を取ることができず、いつも同じスタイルという人は多いのでは?
そこで今回は、忙しい朝でも簡単にできて、いつもと印象がガラッと変わるヘアアレンジをご紹介します。手持ちのアイテムを上手に利用して、今年らしいヘアスタイルを作りましょう。

ヘアピンがシンプルヘアのアクセントに

簡単に今年らしいヘアスタイルを作るヒミツは、後れ毛や前髪を留める「ヘアピン」。
ヘアピンはただ髪を固定するだけでなく、ヘアスタイルのアクセントに大活躍します。

留め方やヘアピンのカラー・デザインを工夫することで、ポニーテールやハーフアップなどのシンプルなヘアスタイルも、一気にイマドキヘアに大変身。留めるだけなので、時間のない朝にもサッと仕上げることができます。

ヘアピンの使い方

アドバイス! ヘアピンをシンプルヘアのアクセントに

シンプルヘアアレンジ

X(クロス)型アレンジイメージ

X(クロス)型アレンジ

ヘアピン2本でXを作るように留めます。
ダウンスタイルのときにサイドを留めたり、アップヘアの後れ毛を留めるのに最適です。

△(トライアングル)型アレンジイメージ

△(トライアングル)型アレンジ

ヘアピン3本を△(トライアングル)型に留めます。
普段はヘアゴムやバレッタなどでまとめるハーフアップも、ヘアピンで仕上げると簡単なのにいつもと違う表情に。

>>(アロウ)型アレンジイメージ

>>(アロウ)型アレンジ

アロウとは矢印のこと。ヘアピン2本を矢印の先のような形に留めます。
何本もアロウをつくったり、カラフルなヘアピンを使ってグラデーションを作ると、シンプルなヘアスタイルも一気に華やかになります。サイドで1つにまとめたヘアスタイルのアクセントに最適です。

♯(シャープ)型アレンジイメージ

♯(シャープ)型アレンジ

ヘアピン4本を♯(シャープ)型に留めます。ハーフアップのサイドに留めると、アクセントになります。小さめのヘアピンで♯を作っても、いつものスタイルがオシャレに仕上がります。

普段使っている黒や茶色のヘアピンだけでなく、ゴールドやシルバーなどのカラーヘアピン、かわいい柄のついたヘアピンを取り入れると、一気にイマドキヘアに仕上がりますよ!

おすすめアイテムピックアップ

ルッチ フォグシリーズ

<ルッチ フォグシリーズ>

天然・植物由来の成分配合で、髪を健やかに美しく保ちます。軽い仕上がりでベタつかず、理想的なスタイルをサポート。

・クリスプフォグ(キープスプレー)

・スフレフォグ(ワックススプレー)

・グラッセフォグ(ヘアオイルスプレー)

ページトップへ

髪のお悩み相談室

肌のお悩み相談室