髪質や髪型に合ったヘアブラシを使うことで、髪の毛へのダメージを軽減させることが出来ます。

MENU

ヘアブラシの選び方

ヘアブラシ

ヘアブラシはスタイリングだけではなく、髪の毛のケアでも重要な役割を持っています。
髪を頭皮から引っ張る力をなるべく抑えて、しっかり髪をとかすことが必要です。
ヘアブラシを変えるだけで、髪の毛のダメージを軽減させたりボリュームを出すこともできます。
最適なヘアブラシは髪質や髪型によって変わってきます。ヘアブラシの種類と選び方をまとめました。

 

 

ヘアブラシの種類

 

ヘアブラシは形状によって大きく次の4種に分類されます。

 

 

  • デンマンブラシ ・・・ ボリュームを落とすストレート向け
  • ロールブラシ ・・・ ブロー向けで美容室でもよく使われるタイプで、くせ毛をなそしたりカールさせるなど幅広いスタイリングが可能
  • クッションブラシ ・・・ ブラシの腹の部分がクッションになっている頭皮や髪の負担が少ない
  • スケルトンブラシ ・・・ ブラシの間隔が広くて、絡まりやすい人、パーマ、もとのボリュームが少ない人向け

 

上記4種は上から順番に、しっかりとかしたい方向けになっています。

 

 

ヘアブラシの材質

 

ブラシ部分の材質は主に次の種類があります。

 

  • 獣毛(動物の毛)
  • プラスチック(ナイロン・ビニール)
  • 木(メープル・オーク)

 

同じ系統でも、特殊な素材を練りこんで艶の出しやすいタイプなど、高級品には何かしらの付加価値が付いていることもあります。
定番なのはプラスチックで安く購入できて手入れもしやすいです。静電気の起こりやすいデメリットがありましたが、最近は静電気対策をした商品が登場して人気です。
獣毛は柔らかくて髪と頭皮の負担は少ないですが、ブラッシング効果が弱いので誇りや汚れをしっかり落とせないデメリットがあります。
木材を使っているタイプは、手入れに気を使い、価格の割高なデメリットがあります。間隔の広いスケルトンブラシに多く使われていて、メリットは多いですが相性の良い方の条件が限定されます。

 

 

ヘアブラシの目的と使い分け

 

ヘアブラシの目的はスタイリング以外にも頭皮や髪の毛のマッサージもあります。
刺激が強すぎてもいけないですが、適度な刺激を与えることでホコリや汚れ、皮脂を落として新陳代謝をあげたり、絡まり・ほつれを予防して新しい毛髪の発生を促す効果もあります。
髪型によって、ブラシは根元からやった方がいい場合と表面中心で行った方がいい場合もあります。
できれば、夜寝る前などに使うマッサージ・頭皮、毛髪ケア用と朝やお出かけ前に使うスタイリング用で2つのタイプを併用しましょう。
さらにブロー用にもヘアブラシを用意するなど、状況や髪型、加齢による変化で複数のヘアブラシを使い分けたり、使用するタイプを見直すことも大切です。
ブラッシングは力の入れ方の調整も重要なのでハンドルやラバーの質感や手との相性も考慮しましょう。