ドライヤーをかける前や朝のスタイリング時にヘアオイルを少量使うと効果的です。

MENU

自分に合うヘアオイルを選ぼう!

ヘアオイルのイメージ

現在では数多くのヘアケア製品が販売されています。
シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどは使用している人も多いかと思いますが、ヘアオイルは見た事があっても使った事がなかったり、使用しているけれどもどのようなものかよく理解していなかったりする人も多いのではないでしょうか?

 

そこでここではヘアオイルとはどのようなものか、どのようなヘアオイルを選べばよいのかをご紹介します。

 

 

ヘアオイルとは

ヘアオイルとは名前の通り、「髪の毛に付ける油」の事です。
油、と聞くとべたべたするイメージですが、なぜヘアオイルを使用するかというと「髪の保湿性を高める為」です。

 

髪は外気に触れやすい場所なので、とても乾燥しやすいものですよね。実際、髪の乾燥に悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。
髪の乾燥が起こる原因にはドライヤーの熱や紫外線などが考えられます。
ヘアオイルはそのようなダメージから髪を守ってくれます。
ヘアオイルの効果は保湿だけではありません。傷んだ髪の修復をする効果もあります。

 

 

ヘアオイルの使い方

ヘアオイルはたくさんつけたからと言って効果が上昇するわけではありません。
つけすぎると髪がべたつきます。使用方法に記載されている量を付けるようにしましょう。

 

ドライヤーをかける女性

ヘアオイルはダメージの高い場所である毛先のほうにつけたほうがより効果を感じる事が出来ます。

 

ヘアオイルを使用するときにはドライヤーをかける前、もしくは朝のスタイリング時に少量使用するのがおすすめです。

 

商品によって使用方法が異なるので、きちんと確認をしてから使用するようにしましょう。
トリートメントと併用すると、より効果がUPするのではないでしょうか。

効果的なトリートメント方法とは

 

 

ヘアオイルの選び方

いざヘアオイルを買おうとドラッグストアに行くと、高いもの、安いものなど様々な種類が販売されています。
では、どのようなヘアオイルを選ぶべきなのでしょうか?

 

ヘアオイルには大きくわけて「鉱物性」「植物性」、「動物性」のものがあります。
より効果が高く肌に優しいのは「植物性」です。

 

植物性のヘアオイルには、椿油、オリーブオイル、ホホバオイル、アルガンオイル、ボタニカオイル、ひまわりオイルなどがあります。

 

その中でどれがよいか、となると、特に髪の毛に対する効果が大きく変わるわけではないので、これ以上は個人の香りの好みや質感など使い心地がよいものを選ぶとよいでしょう。
ちなみに動物性のオイルは動物から原料を採っているもので、代表的なものに「馬油」「スクワラン」などがあります。
保湿性が高く、髪の毛の質感を良くする事が出来ます。

 

鉱物性オイルはワセリンやベビーオイルなどに使用されているような原料を使用しているものです。
髪の毛のツヤをよくするのにおすすめです。