特徴

栄養たっぷりのナッツ

古くから、原産地であるオーストラリアの先住民族アボリジニに親しまれてきたマカデミアナッツ。脂質、タンパク質、炭水化物に加え、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれており、大切な栄養源であったといわれています。19世紀半ばには、ヨーロッパの探検家によって発見され、各国に紹介されましたが、ナッツを覆う殻があまりにも硬すぎるため、なかなか食用として定着しませんでした。その後、殻を割る機械が誕生したことによって、現在のように広く一般に浸透したのです。

健康と美容に大活躍の不飽和脂肪酸が豊富

硬い殻に守られたナッツから抽出されるマカデミアナッツ油には、近年注目されているオレイン酸やパルミトレイン酸などの「不飽和脂肪酸」が多く含まれています。

「不飽和脂肪酸」には、生活習慣病の予防や肌の調子を整えるなどの効果があるため、食用油として料理に広く使われることはもちろん、化粧品やヘアケア用品にも使用されています。

用途

料理

食材として

さまざまな料理に

さまざまな料理に

コレステロールゼロでクセがなく、サラッとした口当たりが特徴のマカデミアナッツ油。

どのような料理にもよくあうので、炒め物、揚げ物、ドレッシングなど、いつものレシピにプラスして簡単に摂取することができます。他の油と比べて、酸化しにくいという特徴があり、長期の保存が可能です。

また、加熱しても油独特の嫌なニオイや変色がありません。

治療薬

治療・ケア

胃腸の不調に

生活習慣病予防や胃腸の不調に

マカデミアナッツ油には、オレイン酸という不飽和脂肪酸が豊富。血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、動脈硬化や高血圧、心臓病といった生活習慣病を予防することができます。

また、胃酸の分泌をコントロールすることで、胃酸過多や胃潰瘍を防止したり、腸の働きをスムーズにする効果もあります。

美容

化粧品、ヘアケア製品として

基礎化粧品、ヘアケア製品に

保湿効果が高いため、肌や髪の乾燥を防止するケア剤に用いられています。人間の皮脂に非常に似ているため、肌に優しく、全身のケアに使用することができます。浸透力が高いため、使用後もベタつきが少ないことが特徴です。また、肌細胞の再生を助ける不飽和脂肪酸であるパルミトレイン酸を多く含んでいるため、エイジングケアを目的とした基礎化粧品にも使用されています。

※エイジングケアとは、年齢に応じた肌のお手入れです。

Deep Element CMCコンクシリーズ

おすすめアイテムピックアップ

ハイパーナノCMC配合で、髪の内側からパサつきを集中補修。指通りなめらかな髪に。

<Deep Element CMCコンクシリーズ>

・SVシルキーベルベット[ジュレタイプ]
・MAモイストアクア[ミルクタイプ]

ページトップへ

ハーブと暮らす