ハーブと暮らす 毎月1つ、話題のハーブをクローズアップ!自然のチカラ、ハーブの魅力をご紹介します。

特徴

ネバネバとしたゲルが詰まった葉肉が特徴

アロエベラは、数多く存在するアロエの仲間の中でも、特に大きく成長する品種です。1枚の葉は長さ70~80cmほど、総重量は約1.5kgの大きさまで成長することがあります。

肉厚な葉には、ムコ多糖という保水成分を多く含む、ネバネバとしたゲルが詰まっています。人の関節や肌などにも存在する成分で、体の細胞と細胞をつなぐほか、関節のクッションとしての役割を持つ成分です。

クレオパトラに愛されたハーブ

紀元前2000年頃の古代エジプトの書物にその薬効が記され、古くから傷や病気の治療薬として重宝されてきたアロエベラ。医学の父・ヒポクラテスも、健胃剤や緩下剤などとして、治療に用いていたと伝えられています。また、世界3大美女として有名なクレオパトラが、美しさを保ち続けるための美容法の1つとして、アロエベラの液を体中に塗っていたという言い伝えも有名です。現在も、健康食品や肌と髪の毛のケア製品に抽出エキスが用いられています。

用途

料理

食材として

デザートやジュースに

葉肉を料理に使う場合は、トゲ部分を包丁で切り取ったあと、皮をむいて、沸騰したお湯で煮立てておきます。細かくサイコロ状に切ってヨーグルトに加えたり、炒め物の材料に用いることができるほか、ミキサーやジューサーを使ってジュースにするのもおすすめです。ハチミツや果物を加えると、苦みが和らいで飲みやすくなります。

イメージ

治療薬

治療・ケア

イメージ

健胃・緩下剤として

アロエベラには、健胃や頑固な便秘の解消に期待ができる成分が含まれています。なかでも、胃腸の調子を整えるアロインという成分は、医薬品にのみ含有が認められた成分です。生葉を使用した料理や専用の医薬品によって摂取することができます。
なお、アロインの効果は非常に強力です。摂り過ぎるとお腹が緩くなることがありますので注意しましょう。

美容

化粧品、ヘアケア製品として

アロエベラの抽出エキスは、健康な髪の毛の成長をサポートすると言われ、ヘアケア製品に用いられています。また、保湿成分が含まれており、肌を整えることを目的とした基礎化粧品にも用いられています。

アロエベラは真実のアロエ!?

アロエベラの正式名称は「アロエ バルバデンシス ミラー」と言います。これは、原産地と発見者の名前から名づけられたもので、一般に広まっている「アロエベラ」という名前は通称名です。アロエベラの「ベラ」とは、ラテン語で「真実」と言う意味を持ちます。植物学者のリンネが、約500種類あるアロエの中でも「ベラこそが真実のアロエ」だと発表したことが、この通称名の由来であると言われています。

アロエベラ

<Lucci スタイリングシリーズ>

おすすめアイテムピックアップ

植物エキス配合で、髪と頭皮をいたわりながらやさしくケア。人が本来持つ「自然治癒力」に着目しました。

<ハーブマジック ベルデグレース>

  • ベルデグレース スキャルプローション
  • ベルデグレース シャンプー
  • ベルデグレース トリートメント
  • ベルデグレース スキャルプジェル

ページトップへ

ハーブと暮らす