ハーブと暮らす 毎月1つ、話題のハーブをクローズアップ!自然のチカラ、ハーブの魅力をご紹介します。

特徴

南国タヒチの美と健康の万能オイル

モノイオイルとは、ヤシの実から抽出したココナッツオイルに、タヒチの国花であるティアレを漬け込んだもの。ケガや病気の治療薬として、また日焼けオイルやベビーオイルなどとして、タヒチの一般家庭で広く使用されてきました。日常的なボディケアにこのオイルを使っているタヒチの女性は、南国の強い日射しと潮風にさらされているにも関わらず、肌や髪が美しいと言われています。

伝統的なモノイオイルは、ほのかにティアレの甘い香りがしますが、近年ではさまざまなハーブの香りをプラスしたものや、薬用成分を配合したものが登場。タヒチを訪れる観光客のお土産としても人気です。

ティアレってどんな花?

モノイオイルに用いられるティアレは、甘い香りのする、風車のような形をした白い花です。6~7枚の花びらを持つものが一般的ですが、ごくまれに8枚の花びらを持つティアレの花があります。日本で言う「四葉のクローバー」のように、8枚花びらをもつティアレを見つけると、幸福が訪れると言い伝えられています。

用途

治療薬

治療・ケア

イメージ

タヒチの家庭でのカゼやケガの治療に

モノイオイルは、昔からタヒチの家庭で万能オイルとして使われてきました。カゼをひいた時には体を温めるために、モノイオイルを使って全身のマッサージを行います。

また、やけどや切り傷、虫さされなど、日常の中での小さなケガの治療にも用いられてきました。

美容

化粧品、ヘアケア製品として

モノイオイルには保湿作用があると言われているため、乾燥を防止し、肌を整える基礎化粧品に用いられています。

また、モノイオイルを髪になじませてからシャンプーをすると、しっとりとまとまります。髪のパサツキやうねりを抑える働きが期待できることから、ヘアケア製品にも配合されています。

イメージ

寒い季節の使用にワンポイント!

モノイオイルに使用されるココナッツオイルは、気温が20度を下回ると白く固まります。1度固まってしまっても、その後の使用に問題はありません。ボトルごと湯煎してから使用したり、固まったものを削りとって、手のひらで温めて溶かしながら使いましょう。

イメージ

<シーズン トリップ>

おすすめアイテムピックアップ

サマートラブルに対応した、Oil in クレンジング&Oil in トリートメント処方のシャンプー&ヘアトリートメント。ここちよい香りに包まれながら、髪と頭皮をスッキリとやさしく洗い上げます。

<シーズントリップ>

  • シチリアスタイル
    (オレンジ&トロピカルフルーツの香り)
  • タヒチスタイル
    (ココナッツ&ティアレの花の香り)

ページトップへ

ハーブと暮らす