ハーブと暮らす 毎月1つ、話題のハーブをクローズアップ!自然のチカラ、ハーブの魅力をご紹介します。

特徴

ハート形の花びらをつけるハーブ

夏期に花をつけるゼニアオイ。薄紫色をしたハート形の花びらには、紅紫色のくっきりとしたラインが入っています。日本には江戸時代に伝わり、観賞用として親しまれていました。現在では、日本各地に自生しています。

「すべての病に効く」

ゼニアオイは、古くから地中海沿岸地方で治療薬として重宝され、呼吸器系の病気や様々な炎症の治癒に活用されていました。薬効の広さから、「すべての病に効く」と言われていたようです。現在では、ハーブティーに用いられたり、抽出エキスが基礎化粧品に配合されています。

用途

料理

食材として


料理やお茶として


地中海沿岸地方では家庭料理の材料に用いられることがあります。ゼニアオイのやわらかな葉を、たまねぎ、ひき肉、トマトやパプリカのペーストなどと一緒に炒め煮したものが親しまれています。

また日本では、花の部分がハーブティーとして利用されています。

イメージ

治療薬

治療・ケア

炎症の緩和に

花や葉に炎症を緩和させる粘液質を含み、古くから胃炎、腸炎、気管支炎、潰瘍を緩和する治療薬として用いられてきました。煎じ液でうがいをすると、のどの痛みの緩和に力を発揮すると言われています。

イメージ

美容

化粧品、ヘアケア製品として

ゼニアオイの抽出エキスには、肌をなめらかに整え、うるおいを保つ働きがあると言われています。近年では基礎化粧品やメイクアップ用品、ヘアケア用品などに広く配合されるようになりました。

名前の由来は?

ゼニアオイは漢字では「銭葵」と書きます。花の大きさが古くに中国で使われていた小銭と同じ大きさであることや、実の中に種が輪のように並ぶ様子が小銭のように見えることに由来すると言われています。

また、英名の「Tree Mallow」は「やわらかいもの」という意味を持つラテン語の「Malva」に由来すると言われています。葉のさわり心地がやわらかい他、肌をやわらかく整える効能を示した名称だと考えられています。

イメージ

ハーブマジック スキンケア

おすすめアイテムピックアップ

植物エキス配合のスキンケアシリーズ。うるおいを与えながらすこやかな肌に整えます。

<ハーブマジック スキンケア>

・スキンケアソープ
・スキンケアウォーター
・バリアEiクリーム
・ナイトケアクリーム
・マッサージジェル
・HM ホットジェル

ページトップへ

ハーブと暮らす