ハーブと暮らす 毎月1つ、話題のハーブをクローズアップ!自然のチカラ、ハーブの魅力をご紹介します。

特徴

本物の花は「黄色」

ヨーロッパアルプスの高度2,000m以上の山々に分布し、夏に花を咲かせるエーデルワイス。エーデルワイスという名は、ドイツ語で「高貴な白色」という意味を持ちます。白い花を咲かせるハーブだと思われている人も多いかもしれませんが、実は花びらのように見える白い部分は「苞葉」と呼ばれ、葉が変形したもの。本物の花は、その中にある黄色い筒状の部分です。

また、地上に伸びた部分は細かい綿毛に包まれており、遠くから見ると綿雪のように見えます。そのため「セイヨウウスユキソウ(西洋薄雪草)」と呼ばれることもあります。

ミュージカル映画の有名なシーンに登場

エーデルワイスは、スイスやオーストリアの国花としても知られています。世界中で愛されるミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」では、7人兄弟の父であるトラップ大佐が、祖国オーストリアを想って「エーデルワイス」を歌うシーンが大変有名です。
広く人々に愛されてきたハーブですが、採集などが原因で数が大幅に減少し、スイスでは1909年から採集が禁止されています。現在では、野生のエーデルワイスはとても貴重な存在です。

用途

治療薬

治療・ケア

治療薬として

エーデルワイスには、消炎、鎮痛、鎮静作用があると言われています。原産地では、古くから消化器や呼吸器系疾患の治療薬として重宝されていたようです。

イメージ

美容

化粧品、ヘアケア製品として

エーデルワイスから抽出したエキスには、高い保水力があります。そのため、乾燥を防いでみずみずしい肌や髪に整えることを目的とした、基礎化粧品やヘアケア用品に配合されています。

イメージ

花言葉は「大切な思い出」

エーデルワイスの花言葉は、「大切な思い出」。この花言葉のもとになったのは、登山家の叶わぬ恋のエピソードだと言われています。

地上に舞い降りた天使に恋をしてしまったある登山家。しかし、人間と天使の恋が叶わないことに苦しみ、「せめて彼女を見る苦しみから救ってほしい」と空に向かって祈りました。すると、天使がエーデルワイスの花を残し、天空へと帰っていったと言い伝えられています。

エーデルワイス

<シーズントリップ  ウィンターシリーズ>

おすすめアイテムピックアップ

毛先・指先がきらりと輝く“2WAY”モイスチュアオイル。
植物由来の保湿成分を配合し、乾燥から守ります。

<シーズントリップ  ウィンターシリーズ>

・スイススタイル モイスチュアオイル

ページトップへ

ハーブと暮らす