ハーブと暮らす 毎月1つ、話題のハーブをクローズアップ!自然のチカラ、ハーブの魅力をご紹介します。

特徴

鮮やかな黄色い花をつけるハーブ

夏に鮮やかな黄色い花を咲かせるアルニカ。主にヨーロッパの山岳森林地帯や草原に分布するハーブです。高山植物であり日本での栽培は難しいと言われていますが、北海道などの高山帯で見られることがあります。

葉がウサギの耳のように長細いことから「ウサギギク(兎菊)」や、花の色や形から「キングルマ(金車)」と呼ばれることもあります。

ケガの治療薬として有名

アルニカは、古くからケガの治癒に力を発揮する薬草として有名です。特に、打撲やねんざによる痛みや腫れ、傷あとの治癒に効果的と言われています。軟膏、ジェル、クリームなどとして患部に塗布することで治療に重宝されてきました。

【注意】内服や傷口の開いた患部の治療、長期間に及ぶ使用には適していないと言われています。

用途

治療薬

治療・ケア

傷薬として

古くから、痛みや腫れを抑える薬草として重宝されてきたアルニカ。すぐれた血行促進作用や皮膚組織形成作用を持ち、塗り薬として傷あと、ねんざ、腫れ、骨折などの治療に用いられてきました。

イメージ

美容

化粧品、ヘアケア製品として

基礎化粧品、ヘアケア剤として

アルニカ花エキスは、保湿などの作用を持つと言われています。そのため、肌荒れやニキビを防ぐ基礎化粧品や、ヘアケア剤に配合されることがあります。

イメージ

マッサージオイルに最適!

アルニカから抽出されたオイルを用いてのマッサージは、肩コリや腰痛、むくみや手足の冷え緩和に効果的だと言われています。体がほぐれているお風呂上がりにマッサージを取り入れると、心も身体もリラックスできます。

また、スポーツ前後のマッサージに取り入れると、ケガの予防や疲労回復に役立つと言われています。

アルニカ

<ピュアファクターシリーズ>

おすすめアイテムピックアップ

カラーヘアにも素早くなじみ、乾燥してパサつく髪、ツヤがない髪、まとまりにくい髪をサラッとしたしなやかな感触に導くアウトバストリートメント。

<ピュアファクターシリーズ>

・ピュアファクター ウォータートリートメント スプリング

ページトップへ

ハーブと暮らす