特徴

和製ハーブの代表格

シソは中国原産で、日本に渡来した時期については様々な説がありますが、縄文時代の貝塚から種子が見つかっており、古代から日本各地で自生していたと考えられています。平安時代にはすでに香辛野菜としての栽培が始まっていました。
ビタミン類、カルシウム、ミネラル、カロテンなど栄養豊富で、種類は大きく分けると、葉が緑色をした青じそと、紫色をした赤じそに分けられ、成長段階に応じて、芽や葉、花、実まで、すべてが利用されます。
漢方では、葉・種子が薬用とされ、発汗、咳止めなどに薬効があります。最近の研究では抗アレルギー作用や保湿作用もあることがわかり、花粉症対策や化粧品・ヘアケア剤にも用いられています。

用途

料理

食材・薬味として

ハーバルクッキング シソとれんこんのつくね焼き

青シソ
青シソの葉は「大葉(おおば)」とも呼ばれ、食欲増進、殺菌の効果があり、古くから薬味として重宝されてきました。防腐作用があり食中毒を防ぎ、魚の生臭さを取るため、刺身のつまなどに用いられます。
赤シソ
梅干しなどの色づけに使われます。また葉を乾燥させたものは、香辛料として七味唐辛子に配合されたり、ふりかけにされます。また、熟さない実を付けた「穂じそ」や、花が開き掛けの「花穂じそ」も、刺身のつまに用いられます。
シソ油
種子からはシソ油が取れます。抗酸化作用のあるα-リノレン酸を多く含むため、最近では健康食品としても注目されています。

治療薬

漢方薬として

蘇葉(そよう)・蘇子(そし)
漢方医学では、主に赤紫蘇の葉を「蘇葉」といい、気が停滞している状態を改善する薬物として漢方薬に配合されます。
成熟した果実を「蘇子」(そし)といい、咳、喘息、便秘などの治療に用いています。また、シソの葉はロズマリン酸という成分を含み、アレルギー疾患に有用として健康食品としても利用されています。

美容

化粧品、ヘアケア剤として

シソエキス
シソの葉や花から抽出して得られるエキスです。化粧水、乳液、クリーム、洗顔料、石けん、基礎化粧品、入浴剤、ヘアケア・スキャルプケア剤などに配合されます。
美白効果、抗菌作用や抗アレルギー作用が優れていることから、敏感肌やアトピー向けの化粧品の原料として使われることもあります。
また、毛穴を引き締める効果や、老化を防ぐ抗酸化作用があり、肌をケアするという側面もあります。
梅干しはなぜ赤くなる?

赤じその赤い色素はシソニンと呼ばれていますが、このシソニンは酸と反応して赤色に発色する性質があります。これを利用したのが、梅干しです。梅干しにはクエン酸が大量に含まれており、このクエン酸とシソニンが反応し合って、美しい赤い色になるのです。


ハーブマジック スキャルプシリーズ

おすすめアイテムピックアップ

人が持つ自然治癒力に着目。植物エキス(シソエキス)配合で、頭皮や髪をいたわりながら、いつまでも健康的な美しさをお届けします。

<ハーブマジック スキャルプシリーズ>

ページトップへ

ハーブと暮らす