栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動が髪にいい生活習慣です。

MENU

髪にいい生活習慣

髪の毛の状態が悪くなるのは生活習慣の乱れも原因のひとつです。
生活習慣を見直せば、肌にも良い影響が出て全体的なアンチエイジング効果を得られます。
規則正しく栄養バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動が健康的な生活習慣の3か条ですが、髪の毛に与える影響をよくするポイントも含めて理想的な生活習慣と乱れている人に多い事例を紹介します。

 

 

夜にシャンプーする

朝シャンの好きな人や、飲んだ日には入浴せずに寝てしまう人がいますが、夜寝ている間は髪の毛の再生がもっとも活発化します。
夜にシャンプーすれば1日の汚れや皮脂を洗い流して、寝ている時の髪の毛の栄養循環が活発になります。

 

毎日欠かさず夜にシャンプーする習慣を身につけましょう。
シャンプーやブローも正しく行うことが必要です。

 

参考記事:美髪になるシャンプーのやり方

 

 

タバコは控えてお酒は適度に嗜む

ワイン

喫煙は血管を細くする作用があり、毛髪に与える悪影響も大きいです。
禁煙して髪の毛の状態が良くなったという声も多く聞かれますが無理な禁煙でストレスを溜め込むと逆効果になります。
タバコを吸わない人は、美しい髪をキープするためにもタバコは絶対に吸わないでください。
タバコは依存性があるものです。タールや本数を少しずつ減らす方法も悪くないですが、最終的には完全な禁煙をしないと意味がありません。
無理な禁煙はせずに禁煙外来を利用するなどストレスケアも配慮しながら禁煙チャレンジをしましょう。

 

お酒については、血管を広げる作用もあるので酔いは回らないもしくは、ほろ酔い程度であれば問題ありません。
肝機能が低下すると様々な弊害が出るので休肝日も作って、泥酔するまで飲まないように自制しましょう。

 

 

サプリメントで栄養補給

食事のみで栄養を補うのが理想ですが、日々の食事で髪の毛の求める栄養をすべて補い続けるのは困難です。
加齢によって女性ホルモンの分泌が減少していくので、ホルモン分泌を促したりバランスを整えるタイプのサプリメントは効果的です。
サプリメントに即効性はなく毎日継続して飲み続けることが大切です。
サプリメントさえ飲めば普段の食事は何を食べてもいいワケではありません。悪影響の出る食事を控えるのはもちろん、サプリメントによる栄養補給だけではなく野菜や魚もしっかり食べるように心がけましょう。
つまり、食生活にも気を配って、サプリメントで加齢とともに減少しやすい不足しがちな栄養を補うことが理想です。