特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!

冷え性

「冷え症」と言うと女性のものというイメージがありますが、最近では冷え症に悩む男性も少なくありません。
手足が冷たい、ふとんに入っても足が冷たくてなかなか眠れないなどということはないでしょうか。東洋医学では『冷えは万病のもと』とも言われ、体の不調と関係が深いと考えられています。冷えから起こる体の不調は様々です。

隠れ冷え性に注意

体が冷えると血行が悪くなり「瘀血」の状態になりやすくなってしまいます。瘀血による冷えには、寒がりで手足が冷たくなる「冷えを感じるタイプ」と、のぼせやすく手や顔がほてる「熱を感じるタイプ」の方がいらっしゃいます。

冷え症の自覚がない「熱を感じるタイプ」の方は、暑い季節は要注意です。暑がりだからと、汗をかいたまま冷房のきいた部屋に入ったり、冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂っていては、気付かないうちに体が冷えてしまいます。体の熱を逃がしやすい体になっている夏こそ、体の「冷え」に注意することが大切です。

check!

お腹をさわってみて脇よりも冷たいと感じた場合、隠れ冷え症です。通常、お腹は熱の生産量が多い場所なので温かいのです。そのお腹が冷たく感じるということは血液の循環が悪くなっている証拠です。

『冷えない体』を目指しましょう。

体を動かそう

体の熱を作るのは筋肉です。筋肉を使わないような生活では熱を作りにくく、さらに筋肉が減ってしまい、ますます熱を作りにくい体になってしまいます。歩くなどして筋肉の多い下半身を鍛えることが冷えの改善につながります。

食事を意識しよう

夏野菜やアルコール類など、体を冷やす食べ物の摂りすぎには注意しましょう。熱になりやすい栄養素はタンパク質。肉や魚・大豆などをバランスよく摂りましょう。
また、根野菜や香辛料は体を温める作用があります。
生姜や唐辛子、にんにくなどをうまく取り入れましょう。

体を保温しよう

靴下や腹巻など体を保温することは大切です。寝ている間は新陳代謝が低下して体が冷えやすくなっているので、温かくして休みましょう。入浴も体を温めるには効果的です。シャワーだけではなく、湯船にきちんと入ることですべての臓器や細胞の新陳代謝を促進して体熱を上昇させます。

冬の冷え対策

ページトップへ

特集