特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!

今や競技人口が1000万人を超えると言われるランニング。自分のペースで始められる気軽さと、美容や健康へのうれしい効果が人気の理由です。しかし、実際にランニングを始めようと思っても、なかなか実行できなかったり、どのように走ればいいのかわからない人も多いのでは?
初心者が気をつけるべきポイントをしっかり学んで、毎日の生活に取り入れてみましょう!

美容と健康にうれしいランニング習慣!

ランニングを継続的に行うことで、心と体に次のようなメリットがもたらされます。

脂肪を燃焼する

ランニングは、エネルギー源として脂肪を燃焼させる有酸素運動です。有酸素運動を行ってからの数時間は、普段の生活をしていても、通常より代謝が良い状態が続くと言われています。

血行がよくなる

有酸素運動を行うことで、血液中の余分な脂肪が減少し、全身へとスムーズに血液が流れるようになると言われています。またリズムよく足を動かすことで、足の血液を心臓に戻すポンプ機能が活発に働き、滞った血流が改善されます。

ストレス解消

ストレスを感じる時に分泌される「コルチゾール」というホルモンの分解が促され、ストレスが和らぐと言われています。

イメージ

肌の調子が良くなる

たくさん汗をかくことで、老廃物の排出がスムーズに行われます。また、体を動かすことで、腸内の老廃物の排出を促す「ぜん動運動」が活発化。これらは、吹き出物や肌あれの改善にもつながります。

運動の習慣がない人が、急に激しいランニングを始めると体の負担になります。次の3つのポイントを心がけ、無理のないペースで始めてみましょう!

初めはスローペースで

おしゃべりを楽しむことができる、時速4〜5kmのランニングから始めましょう。これは、普段の歩行速度と同じくらいの速さです。体が慣れてきてから、少しずつ距離や時間を増やしてみましょう。

しっかり休憩をとる

無理なペースでのランは、ケガのもとになります。事前に時間や場所を決めて、しっかりと休憩をとりましょう。また、ランの途中に「疲れたな」「足や腰が痛いな」と感じたら、すぐに休憩をとるようにしましょう。

週3回、1日15~30分を目安に

毎日無理をして走るのではなく、仕事が早く終わった日や休みの日を利用して、週3回、1日15〜30分程度を目標にして走ることから始めましょう。少しずつ続けていくことで、美容と健康にうれしい力が発揮されやすくなります。

イメージ

  • 水分補給をこまめにしましょう!ランニングに出かけるときは、脱水症状にならないよう水分をしっかりと摂取しましょう。荷物が増えることが気になる人は、飲み物購入用の小銭を持ってでかけるのがおすすめです。

水を飲んでから吸収されるまでには、1時間程度かかります。ランニング中の脱水症状を防ぐためには、ランニング前だけでなく、普段の生活の中でもこまめに水分を摂るよう心がけることが大切です。喉が渇いていなくても、定期的に口を湿らせるため、水をふくむようにしましょう。

ページトップへ

特集