特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!

「ブルーライト」は、パソコンやスマートフォン、タブレット等のLEDディスプレイやLED照明などから発せられる青色の光を指し、人の目に見える光の中で、1番強いエネルギーを持つ光です。近年様々な対策グッズが登場していますが、実際に目にどのような影響があるのかご存知ですか?仕事やプライベートで酷使する目のために、その影響と毎日取り組める対策法を学びましょう。

毎日の心がけが目の元気を守る!

ブルーライトは目に直接影響を与えるだけでなく、体内時計の乱れにつながることがあります。

目の疲れ

ブルーライトは、パソコンやテレビ等の画面を見ている際に生じるちらつきの原因。
これに対してピントを合わせようと目は絶えず働くため、目の筋肉や視神経が疲れてしまいます。

目の疲れによる肩こりや偏頭痛

目の疲れは、神経の過剰反応や筋肉の緊張を引き起こし、偏頭痛や目の奥のズーンとした重さとして現れることがあります。

また、首筋から肩にかけての筋肉が緊張して血行不良となり、肩こりにつながることもあります。

睡眠障害や体内時計の乱れ

夜眠る前に、ふとんの中でスマートフォンを見ていたら、目が覚めてしまったという経験はありませんか?

これは目から入るブルーライトの影響で、眠気を誘う物質「メラトニン」の分泌が抑制されることが原因です。入眠時間のズレは、体内時計の乱れにつながることもあります。

イメージ

目の疾患の原因

ブルーライトは強いエネルギーを持つ光。目への刺激も強く、長くさらされることで網膜や黄斑と呼ばれる部分にダメージを与えてしまいます。

このようなダメージの蓄積が、様々な目の疾患につながるとも言われています。

毎日の生活で簡単に取り入れられるブルーライト対策を紹介します。

ブルーライト軽減メガネやフィルム

近年では、ブルーライトの目への影響を軽減するメガネやモニター用のフィルムなど、様々な対策グッズが登場しています。特に、仕事でパソコン等の使用が多い人は、積極的に利用することがおすすめです。

遠くの景色を見る

パソコン等の画面を長時間見る時は、定期的にブルーライトから目を離し、窓の外の景色等、遠くのものを眺めるようにしましょう。

筋肉の緊張の緩和につながります。

イメージ

眠る直前はパソコン、スマートフォンを使用しない

眠る直前までブルーライトを浴び続けると、眠気を誘う物質であるメラトニンの分泌が抑制されてしまいます。眠る前の2〜3時間程度は、ブルーライトを発するものの使用を避け、目と体を休める時間にしましょう。

また、ホットタオルで目を温めると、目の周りの血行が改善され、疲れが緩和されます。

  • 食事で内側からの対策を!ブルーライト軽減メガネや目の休養といった外側からの対策と同時に、食事から摂取できる栄養素で内側からの対策を行うことも有効です。

ブルーライトを吸収・遮断する成分「ルテイン」や、ダメージを軽減させる成分「アントシアニン」を積極的に摂るようにしましょう。ルテインはブロッコリーやほうれんそうに、アントシアニンはブルーベリーやナスに含まれています。

ハーバルクッキング ブロッコリー

ページトップへ

特集