特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


冷え込む季節に気になる空気の乾燥。人が快適と感じる湿度は40〜60%と言われていますが、気温が同じ湿度でも気温の高い時期に比べて水分量が少なくなっています。肌や健康への影響が気になる方も多いのでは?うるおった毎日を目指すため、毎日の生活に簡単に取り入れられる乾燥対策を学びましょう。

毎日の生活の中で乾燥対策を!

気温の低下の他にも、長時間のエアコンの使用も乾燥を引き起こす原因の1つです。空気が乾燥すると、風邪を引きやすくなる他、肌や髪にも様々な不調が現れます。

風邪を引きやすくなる

ウイルスは湿度が低くなるほど活性化し、増殖しやすい傾向があります。そのため、乾燥した空間にいると、カゼやインフルエンザなどにかかりやすいと言われています。

肌のダメージ

空気が乾燥すると、皮膚表面から水分が蒸発しやすくなる他、皮脂の分泌も少なくなります。これは全身の皮膚が乾燥し、かゆみやひび割れなどのつらい症状を引き起こす原因の1つです。

髪や頭皮のダメージ

空気の乾燥は髪表面のキューティクルを傷つけ、パサつきや広がりを引き起こす他、静電気が起こりやすく、帯電しやすくなります。また髪だけでなく、頭皮の炎症やフケ、かゆみを起こす原因にもなります。

イメージ

「お部屋の加湿」と「肌や髪の保湿」という2つの側面から、毎日の生活で簡単に取り入れられる乾燥対策を紹介します。

お部屋の加湿

【お部屋】加湿器を使う

加湿器を設置して、室内の湿度を60%程度に保ちましょう。湿度が上がると、同じ気温でも体感温度が上がる傾向があるため、電気エネルギーの節約にもつながることがあります。

【お部屋】濡れたタオルを干す

加湿器がない場合、お部屋の中に水で濡れたタオルを干しましょう。少しずつ水分が蒸発するため、加湿効果があります。少量の洗濯物を室内に干すことも、同じ効果があります。

【お部屋】床の水拭き

床を水拭きすると、掃除後に水分が徐々に蒸発します。掃除でお部屋をキレイにしながら、加湿効果が期待できます。

イメージ


肌や髪の保湿

【肌や髪】水分をこまめに摂る

乾燥する時期は、こまめに水分を補給することが大切です。特に、人肌より少し熱い50℃程度の白湯をゆっくり飲むと、体が内側から温まることで代謝が改善され、肌まで適切な水分が運ばれやすくなると言われています。

【肌や髪】スキンケアは時間をかけて

基礎化粧品は、肌に浸透するまでに時間がかかります。時間のない朝でも、化粧水や乳液をつけてしっかりとハンドプレスした後、すぐにメイクをせず5分程度おくことが、1日中乾燥しにくい肌を保つことにつながります。

【肌や髪】うるおいを与える食材を摂る

長いも・レンコン・大根・白菜・牛乳などの「白い食材」は、肺をうるおし、肌や髪の乾燥の緩和・改善に力を発揮すると言われています。毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

長いも

イメージ


  • 加湿器の上手な使い方乾燥対策としてメジャーな「加湿器」。アロマオイルをセットできるものから、オフィスのちょっとしたスペースにも置けるミニタイプまで、様々な種類が登場しています。

    加湿器を使う時は、暖房器具の向かい側の壁際に設置するのがオススメです。加湿器の水蒸気が暖かい風に乗って、部屋中に行き渡りやすくなります。

ページトップへ

特集