特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


女性の半数以上が悩んでいると言われる体の「冷え」。
放っておくと、肩や首のコリ・肌荒れ・免疫力の低下などの原因になることがあります。このつらい「冷え」は、毎日の食事や生活習慣を見直すことで緩和できることがあります。
ただたくさん服を重ね着するだけでなく、根本からの改善を目指しましょう。

冷えの原因と手軽な対策を学びましょう!

多くの場合、つらい体の「冷え」は毎日の食事や生活習慣の乱れが原因となって引き起こされます。

無理な食事制限

若い女性に多い無理な食事制限を行うダイエットは、栄養不足になる原因。
エネルギーや熱を作り出すもとが足りなくなり、冷えの原因となります。

水分の摂りすぎ

冷たい飲み物の取りすぎや、胃や腸の機能低下によって、体内が水分過多になると冷えが引き起こされます。

運動不足

デスクワークなどで体を動かすことが少ないと、熱を生み出す場所である筋肉の量が減少することがあります。

ストレス

ストレスは体内環境を整える「自律神経」の働きを乱すため、体の代謝が低下して熱をうまく作れなくなったり、血行不良になり冷えが生じることがあります。

イメージ


「冷え」は、規則正しい生活や運動によって少しずつ改善することが可能です。

ゆっくりと入浴する

シャワーだけで済ませず、浴槽にお湯をためてゆっくりと入浴すると、血行が改善されます。温浴効果を高める入浴剤を入れると、リラックス効果もアップ。毎日湯船に浸かることができないという人は、熱めのお湯をバケツに入れて足湯をしましょう。

適度な運動を行う

エスカレーターを使わず歩いて階段をのぼったり、寝る前に軽いストレッチを行うなど、軽い運動を毎日少しずつ取り入れて、体を動かす機会を増やしましょう。急に激しい運動を行うと、ケガの原因になるので注意しましょう。

イメージ


バランスのよい食事を摂る

1日3度の食事をしっかり摂りましょう。主食である穀物を含め、肉や魚、豆類、緑黄色野菜、乳製品などの食材を、バランス良く摂るよう心がけることが大切です。特に朝ごはんは、体温のリズムを整えるために重要ですので、欠かさず食べましょう。


  • 食事で内側からの対策を! 体を温めるため、毎日の食事では次のような食材を積極的に摂りましょう。
  • ①血行を良くするしょうが、ねぎ、にんにくなどの薬味
  • ②体を温める、魚や肉のタンパク質
  • ③かぼちゃ、たまねぎ、かぶ、ブロッコリーなどの野菜

生野菜は体を冷やします。野菜はサラダではなく、温野菜やスープにして食べましょう。

とり手羽元のこっくり煮

えびとブロッコリーのマヨネーズいため

かぼちゃととり肉のハーブ焼き

ピリ辛鍋

ページトップへ

特集