特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


疲れて見えたり、老けて見える原因になる「クマ」。
一口にクマと言っても、それぞれの体質や生活習慣によって原因やメカニズムが異なります。自分のクマの原因が何かを理解することで、メイクでごまかすだけでなく、体の内側から改善していきましょう。

あなたにあったクマの解消法は?

クマには様々な原因とタイプがあり、それぞれ対処法が異なります。まずは、あなたを悩ませるクマの原因を知りましょう。

茶グマ

色素沈着が主な原因
茶グマの原因は、紫外線や摩擦、メイク残り、かぶれなどによって起こる色素沈着です。まぶたの上に生じる色素沈着も茶グマの一部です。

青グマ

血行不良が主な原因
睡眠不足や不規則な生活、心身の疲れ、ストレスなどによって生じた血行不良が青グマの原因。目の周りの肌が薄い人や色白の人に起こりやすいクマです。

黒グマ

たるみが主な原因
加齢とともに目の周りがへこんだり、たるみが生じることが原因です。小じわの影がクマになることもあり、影クマと呼ばれることもあります。

イメージ


クマの原因によって対処法が異なります。毎日続けて行うことで、気になるクマを予防・緩和し、明るい印象を与える目元を目指しましょう。

茶グマ

毎日のクレンジングを丁寧に行って洗い残しを避ける他、ビタミンC誘導体などの美白成分が配合された基礎化粧品でのケアを取り入れましょう。

また、日頃から紫外線対策を積極的に行ったり、洗顔やスキンケアの際に手でゴシゴシとこすらないよう心がけることも大切です。

青グマ

血行を改善するために、生活習慣や食事のバランスを整えましょう。冷たい飲み物・食べ物の大量摂取を避けたり、入浴の際は湯船にゆっくり浸かる他、就寝・起床の時間を毎日そろえるなど、毎日の生活の中での小さな心がけが大切です。

黒グマ

黒グマはシミではなく影なので、メイクで隠すことが難しく、無理に隠そうとするとメイクが厚くなってしまいます。アイクリームなどで、目元のたるみやむくみを予防・緩和するケアを取り入れていきましょう。

また、コラーゲンやビタミンなど、老化を防ぐと言われる栄養素を毎日の食事で積極的に取り入れましょう。

イメージ





  • 目の疲れもクマの原因 目の疲れやドライアイも、クマの原因になることがあります。スマートフォンを使う機会が多い人や、仕事でパソコンを長時間使う人は、目の疲れを感じた時や1日の終わりに、ホットタオルでのケアを取り入れてみましょう。

    また、5秒ほどギュッと目をつぶって、パッと一気に開くまばたきを数回繰り返すと、血行促進につながると言われています。

ページトップへ

特集