特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


美肌のために、スキンケアや食事などで必要な成分を「足す」ケアを行っている人は多いのでは?しかしどれだけこだわったケアをしても、肌や毛穴にメイクや汗、余分な皮脂、ホコリなどが残っていると、肌を傷つける原因になることがあります。肌を整えるために、まずは毎日のクレンジングを見直してみませんか?

自分にあったクレンジングをしていますか?

クレンジング剤にはオイルやミルクなどさまざまな種類がありますが、いつも何となくで選んでいませんか?メイクの濃さや肌質などによって、最適なクレンジング剤のタイプは異なります。

オイルタイプ

オイルをベースとするクレンジング。濃いメイクやウォータープルーフの化粧品もしっかり落とせることが特長です。化粧落ちについては大変優れていますが、肌への負担がかかりやすいことがあります。

リキッドタイプ

水をベースとするクレンジング。オイルに次いで洗浄力が高く、しっかりメイクも落とすことができます。ニキビができやすく、メイクをしっかりするという人は、油分が少ないリキッドタイプが適しています。

ジェルタイプ

ぷるぷるとしたテクスチャーで、摩擦による肌への刺激を小さくできます。ジェルタイプには、オイルが含まれているものと含まれていないものがあります。オイルが入っていないものはやや洗浄力が落ちますが、さっぱりとした洗い上がりなので、薄めのメイクの日や肌への刺激が気になる人に適しています。

イメージ

クリームタイプ

オイルやリキッドなどに比べると、肌への負担が小さいことが特長です。クリームを手のひらで温め、くるくると円を描くようにやさしく肌になじませて使用します。

ミルクタイプ

乳液のような肌ざわり。オイルなどと比べると洗浄力は落ちますが、肌への負担が小さいことが特長です。肌あれや乾燥が気になる人に最適です。

自分に合ったクレンジングを選んでも、正しい使い方をしなければ肌にダメージを与えてしまいます。仕事やおでかけ後など、疲れた時のクレンジングはさっと済ませてしまいがちですが、やさしく丁寧に行うことを心がけましょう。

アイメイクとベースメイクは別々にオフ

アイメイクとベースメイクを、一気に落としてはいませんか?ウォータープルーフのマスカラやアイラインを落とすために、洗浄力の強いクレンジング剤で顔全体をクレンジングすると、肌への負担が広範囲へ広がってしまいます。しっかりメイクした部分はポイントメイクリムーバーで落とした後、洗浄力の穏やかなクレンジング剤でその他の部分をクレンジングするなどして、肌への負担を小さくしましょう。

手のひらでゴシゴシこすらない

ウォータープルーフの化粧品を使うことが多い目元や口元。しっかり落とそうとして、クレンジング中にゴシゴシとこすってしまいがちです。摩擦は肌に大きなダメージを与えます。やさしくクレンジング剤をなじませるように心がけましょう。ポイントメイクリムーバーで目元や口元のメイクを先に落とすひと手間も、摩擦による肌ダメージを小さくするために有効です。

ぬるま湯を使う

クレンジング剤を洗い流す時、熱すぎるお湯を使うと肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。また、冷たい水ではクレンジング剤を十分に洗い流すことができず、肌に負担がかかることがあります。35℃以下のぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

イメージ

  • 便利なシートタイプは正しく使おう!旅行の時や、疲れてスキンケアする元気がない日などに重宝するのがクレンジングシート。持ち運びしやすく手軽なクレンジンググッズですが、シートで拭き取るため、摩擦で肌にダメージを与えることがあります。
  • 使用する際には力を入れてこすらないように注意し、2〜3枚を使って、たっぷりのクレンジング液を肌になじませるようにして拭き取りましょう。目元にはシートを数十秒間おいて、メイクが浮いてきてからやさしく拭き取りましょう。

ページトップへ

特集