特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


古くから「心身の状態を映し出す」と言われている足裏。疲れを感じたり、体に不調や気になる症状が出た場合、その器官とつながる足裏の「反射区(はんしゃく)」が凝り固まったり、違和感を感じることがあります。このコリや違和感を解消すると、各器官の悩みが解決するとも言われています。毎日のリラックスタイムに、疲れや不調を吹き飛ばす「足裏マッサージ」を取り入れてみませんか?

リラックスタイムに「足裏マッサージ」

体の各部位につながっている神経が集中している部分を、足裏の「反射区(はんしゃく)」と言います。マッサージなどで刺激すると、そこにつながる器官の働きや老廃物の排出が促されると言われています。

足裏Map

[ STEP1 ] 足裏の状態を知る

足裏全体を指でやさしく押しながら、コリや痛みの有無を調べていきます。違和感を感じる場所があれば、足裏Mapでどの器官の反射区か確認しましょう。

[ STEP2 ]
違和感のある部分を中心にもみほぐす

親指のハラを使って、違和感のあった部分を中心にもみほぐしていきましょう。ゆっくりと息を吐きながら、3~5秒程度ずつ押していきましょう。

[ STEP3 ]
ふくらはぎ~足の付け根へとマッサージ

足裏をマッサージした後は、足首・ふくらはぎ・ひざ裏・太もも・足の付け根の順でもみほぐしていきましょう。

足裏マッサージを行う時には、足裏の色にも注目しましょう。体や心の状態とリンクすることが多いと言われています。

イメージ

足裏の色がピンク色

心身ともに整っている状態です。維持できるように、規則正しい生活や食事のバランスなどに気を配っていきましょう。

足裏の色が赤色

精神的ストレスやイライラを抱えている状態と言われています。休養をとったり、趣味に打ち込む時間をつくってみましょう。

足裏の色が白色

栄養やエネルギーが不足気味と言われています。毎日の眠りや食事のバランスをふり返ってみましょう。

足裏の色が黄色

胃腸が疲れている可能性があると言われています。生活リズムを見直したり、食べ過ぎ・飲み過ぎに注意しましょう。

足裏の色が紫色

血行が悪い人、冷え性の人に多いと言われています。毎日の生活に、軽いウォーキングやストレッチ、足湯などを取り入れてみましょう。

ONE POINT

マッサージのポイント!

  • 入浴後や足湯後など、血行がよくなっている時に行うのが効果的です。
  • 強すぎる力で押したり、爪で皮膚を傷つけないようにしましょう。
  • ボディークリームなどを塗って、皮膚を保護しながら行いましょう。
  • 片足10分程度を目安に、毎日続けましょう。

イメージ

ページトップへ

特集