特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


冷えはちょっとした不調と考えがち。しかし、体全体のさまざまな不調につながることがあると言われ、古くから「冷えは万病のもと」とも言われています。冷えが気になる時に温めることはもちろん、毎日の生活の中で体を内側から温める習慣を取り入れていきましょう。

体の内側から温かく!

冷えは万病のもととも言われ、さまざまな体の不調を引き起こすことがあります。次のような症状が気になる人は、体を温める習慣を取り入れてみましょう。

イメージ

関節の痛みや肩コリ

血行不良によって、通常は体外に排出される老廃物が体内に蓄積することがあります。これによって筋肉が凝り固まったり、関節の痛みを引き起こすことがあります。

胃腸の不調

血行不良によって胃腸の働きが弱まることがあります。これは消化不良の原因となり、胃炎や便秘、下痢などの症状が起こると言われています。

肌荒れ

胃腸の状態は、肌のコンディションに大きく影響すると言われています。冷えによって胃腸の働きが乱れると、肌が荒れたり、ニキビや吹き出物ができやすくなることがあります。

免疫の低下

体温が1℃下がると、細菌やウイルスに対抗する免疫力は30%低下すると言われています。そのため体の冷えを放っておくと、風邪などをひきやすくなることがあります。

気分が落ち込む

気温が下がる時期は気持ちが落ち込んだり、イライラしやすくなり、仕事や家事にやる気が出なかったり、外出がおっくうになることがあると言われています。

ただ冷える部位を温めるだけでなく、体全体を温める工夫を取り入れてみましょう。小さな積み重ねが大切です。

イメージ

足湯でリラックス&ぽかぽか

体の各臓器と繋がりがあると言われる足。38〜42度程度のお湯で温めることで、冷えた足だけでなく、体全体をじんわり温めることができます。毎日湯船につかるのは面倒という人も、足湯なら手軽に取り入れられます。

体を温める食べ物を積極的に摂る

生姜やねぎ、とうがらしなどの血行を促進する効果を持つ薬味を意識的に取り入れてみましょう。また、れんこんやごぼうなどの根菜、ほうれん草や春菊といった冬の野菜も、体を温めると言われています。

首まわり・お腹まわりを温める

太い動脈が皮膚近くにある首元や、全身を巡る血液が集まるお腹まわりを積極的に温めましょう。マフラーやストールのコーディネートを首元のポイントとして取り入れたり、腹巻きや丈の長い服、カイロなどでお腹や腰まわりを温めましょう。

ONE POINT

冷え対策にぴったり!ドリンクレシピ

ゆず+生姜+ハチミツ
ゆずの皮と果汁、すりおろした生姜、ハチミツをマグカップに入れ、お湯を注ぎます。ゆずをレモンに変えても◎

豆乳+きな粉
レンジで温めた豆乳にきな粉をお好みで溶かします。シナモンパウダーやすりごまを加えて、アレンジしてみましょう。

★水やお茶を飲む時も、常温や温かいものを飲むように心がけましょう。

冷えの原因についてはコチラでチェック!!

体の「冷え」対策

ONE POINTイメージ

ページトップへ

特集