特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


仕事に家事に忙しい現代人。十分に休息をとれない日々が続き、心身の疲れをためこんではいませんか?

休息や睡眠の時間を今よりも長く設けることは難しいかもしれませんが、日常の小さな心がけで疲れがたまる前に日々解消していきましょう。

疲れのない体で毎日をもっと楽しく

心身の疲れを予防したり、少しでも軽くするために気をつけたいポイントを紹介します。

イメージ

イメージ

こまめに水分補給を

体を回復させるために必要な栄養や酸素を、体のすみずみまで運ぶ血液。その約8割は水分で構成されています。水分が不足すると、血液の流れが悪くなることがあります。のどが乾いてからではなく、こまめに水分を摂るようにしましょう。

ゆっくりと呼吸を

心身が疲れているときは、呼吸が浅くなりがち。呼吸が浅いと集中力が低下したり、緊張を司る交感神経が優位な状態が続き、不安感や焦りを感じやすくなります。仕事などの合間に、大きく深呼吸をしたり、腹式呼吸をすることを心がけましょう。

「質のよい」睡眠に

長い時間眠ることよりも、質のよい睡眠を取ることが大切です。眠る前にはゆったりと入浴したり、好きな音楽を聴くなど心身がリラックスできる時間を持ちましょう。また、朝起きたときに太陽の光を浴びて体内時計をリセットすることが、眠りの質の向上につながると言われています。

睡眠についてはコチラでチェック!!
ここちよく眠って毎日をもっと楽しく!

イメージ

適度な運動やストレッチを習慣に

1日10~15分程度のウォーキングや、軽いストレッチを継続して行いましょう。無理のない運動を続けると、ストレスの解消につながることはもちろん、精神の安定や意欲などに関わる脳内物質「セロトニン」の量が増えて、心が落ち着くと言われています。

毎日の食事では、さまざまな食材をバランスよく取り入れることや、規則正しい時間に食べることを意識しましょう。また、次に紹介するような疲労回復に効果的な食材を、積極的にレシピに取り入れていきましょう。

イメージ

イメージ

鶏肉

鶏肉には、抗疲労物質「イミダゾールジペプチド」が含まれています。消化しやすく、胃腸に負担がかかりにくいスープなどで取り入れましょう。

豚肉

豚肉には、体内で糖質をエネルギーへ変換するために不可欠な「ビタミンB1」が多く含まれています。

ハチミツ

ハチミツに含まれる「ブドウ糖」や「果糖」は、構造が簡単で、体に入るとすぐに吸収されます。そのため、体が疲れているときも効率よく栄養を吸収することができます。

ショウガ

生姜に含まれる「ジンゲロール」という成分が、血行を良くして体を温め、疲労物質の分解を促します。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれる「硫化アリル」には、疲労回復に力を発揮するビタミンB1を体内に長くとどめ、吸収力を高める働きがあります。

ONE POINT

ハーブの力でリラックス

ハーブティー
ノンカフェインのハーブティーは、眠る前のやすらぎの時間にぴったり。鎮静効果のあるカモミールや、リフレッシュ効果のあるレモングラス、レモンバームの入ったものがおすすめです。ホットで飲むことで体があたたまり、寝付きがよくなると言われています。

アロマテラピー
心身をリフレッシュさせて元気を出したいときには、グレープフルーツやベルガモットなどの柑橘系の香り、疲労回復にはラベンダーやローズマリーなどの香りがおすすめ。夜眠るときに、アロマオイルをコットンやハンカチなどにしみ込ませて、枕元においておきましょう。

ONE POINTイメージ

ページトップへ

特集