特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!


「熱中症」は、体が生み出す熱と放出する熱のバランスが崩れた時に起こる症状の総称です。

めまいや一時的な失神が起こる「熱失神」、手足がつったり、筋肉がけいれんする「熱けいれん」、倦怠感や吐き気・頭痛などが生じる「熱疲労」、意識障害が生じる「熱射病」に分けられます。

原因を知って正しく予防を!

熱中症は、暑い場所で長時間過ごしたり、激しい運動をした時に体温の調整機能がうまく働かなくなることで起こります。また、体調が悪い時や小さな子供・高齢者に起こりやすい症状なので特に注意が必要です。

【環境・気候】
暑い日や高温多湿の場所

気温や湿度が高く、風が弱い日は熱中症が起こりやすくなります。また、急に気温が上がって前日よりも暑くなった日には、体が暑さに慣れておらず、体温調整がうまくいかない場合があります。

【体の状態】
疲れや体調不良があるとき

睡眠不足や疲れが溜まっている時、二日酔いの時などには、体温の調整をする仕組みがうまく働かず熱中症を起こしやすくなります。

【体の状態】
子供や高齢者

汗を調整する汗腺の発達が未熟な小さい子供、体内の水分割合が少なくなりやすい高齢者は熱中症を起こしやすい傾向があります。

【行動】
屋外での労働や運動

屋外での激しい労働や慣れない運動を行った時や、高温環境で水分補給が十分にできないまま長時間過ごした場合、熱中症が起こりやすくなります。

イメージ

イメージ

イメージ

熱中症は、小さな心がけによって防げる症状です。水分補給や暑さを避ける工夫などを取り入れていきましょう。

こまめに水分補給を

のどが渇く前に、こまめな水分補給を心がけましょう。水やお茶はもちろん、適度な塩分・糖分を含むスポーツドリンクなどを摂って、汗で失われたミネラルを補給することも大切です。

睡眠をしっかりとる

体の疲れは熱中症の原因。快適に眠れる環境をつくり、規則正しい時間に就寝・起床することを心がけましょう。これは、寝ている間の熱中症を防ぐことにもつながります。

涼しく過ごせる工夫を

室内の気温や湿度に気を配り、扇風機やエアコンを上手に用いて体に無理のない生活環境を整えましょう。また、服装に通気性のよいもの、吸水性・速乾性に優れた素材のものを取り入れることもポイントです。

直射日光を避ける

帽子や日傘を使って、直射日光を避けましょう。長時間直射日光が当たる場所にいることは避け、なるべく日かげで活動しましょう。

体調の変化に敏感になる

炎天下でのスポーツやレジャー、仕事の際には、自分や周囲の人の体調の変化をしっかり把握するようにしましょう。不調に「気づく」ことで、重篤な症状を防ぐことができます。

イメージ

イメージ

ONE POINT

熱中症の応急処置

熱中症の症状が現れたら、次のような応急処置を行いましょう。

  • <1> 日かげや涼しい建物の中へ移動する
  • <2> 水で濡らしたタオルを首元・手足に当てたり、うちわであおいで、体を冷やす
  • <3> スポーツドリンクや経口補水液などで、少しずつ水分を補給する

※意識障害がある場合、症状が重篤と感じる場合は、すぐに受診するようにしましょう。

ONE POINTイメージ

ページトップへ

特集