特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!

中医アロマセラピーで健康的なからだづくり

中医学では、女性の体のリズムは7年ごとに節目を迎え変化すると考えられています。

下図のように、誕生から7年目は、生命力が芽吹くころ。乳歯から永久歯へ歯が生え変わったり、髪の量が増える時期に当たります。さらに7年後の14歳ごろ初潮が訪れ、生殖系統の発育が盛んになり、21歳ごろ女性としての成熟期を迎えます。そして身体機能、性機能ともにピークを迎えるのが28歳ごろ。35歳ごろからは少しずつ生理と性機能に衰えが始まります。このころから、疲れがとれにくい、肌や髪にツヤがなくなるなどの身体的な変化が現れます。

35歳過ぎての初産を高齢出産と呼びますが、女性の一生のうち35歳は大きな節目と言えます。さらに女性ホルモンの分泌量が減少する42歳ごろから、白髪や肌のカサツキ、生理周期の不規則、性欲の衰えなど、徐々に老化が進み、49歳ごろ閉経を迎えます。

7の倍数で変わる女性のリズム

女性の養生法

基本的に中医学では女性の成長に合わせて

10代   補腎(腎を補って生命力を強める)

20代から30代   疏肝(肝の流れをよくし、気血を滞りなく流す)

40代から50代   補腎(衰えてきた腎を補う)

という養生が行われます。

また、女性ホルモンのバランスによりさまざまなトラブルが起こりやすく、1ヶ月の間でも月経周期によってバイオリズムが変わってきます。特に女性に多いトラブルは西洋医学では治療が難しいものが多く、副作用も心配です。女性は妊娠、出産などの可能性もあるため、できるだけ副作用が少なく、体に優しい方法で治療していきたいものです。

月経の周期に合わせてオイルを選びましょう

月経の周期に合わせてオイルを選びましょう

おすすめブレンドオイル

ホホバオイル20ml イブニングプリムローズ5ml
上記の精油から好きなものを合計8滴いれてよくまぜます。

中医アロママッサージをしましょう

自律神経系を司る肝が弱ってくると、気や血の流れが悪くなり、心と体のバランスが悪くなってきます。普段からマッサージを心がけると、月経前の不調だけでなく、月経痛も軽減できて一石二鳥です。
肝・脾・腎の3つの陰の経絡を中心にながしていきます。全身トリートメントをするのがおすすめですが、時間がないときは、おなかとあしだけのマッサージでも十分効果があります。

おすすめのツボ

おすすめのツボ

指先美人のためのハンドマッサージ

医学では目とともに爪や指先は肝の機能が充実した時に美しく輝きます。ハンドマッサージと体調にあったアロマオイルで気血の流れを良くして、肝を守り、指先美人をめざしましょう。

ハンドマッサージの方法

ハンドマッサージの方法

Xiang(ジャン)

中医アロマセラピーについて

薬剤師であり、中医師である有藤文香先生による東洋医学を取り入れたアロマセラピーです。中医学に基づく独自のアロマオイルブランドをプロデュースし、展開中です。

株式会社 Xiang(シャン)http://xiang.co.jp

ページトップへ

特集