特集 知っておきたい健康・美容・ オーガニックに関する 情報を発信!

漢方では体の不調は「体のバランスの乱れ」ととらえます。
不調の原因を探るものさしとして「気・血・水」があります。
この3つの要素がバランスよく巡っている状態が健康です。

「瘀血」とは、この3つの要素の「血」の巡りが悪くなった状態です。「血」は、主に血液のことをさしますが、広い意味ではからだに栄養を与える物質のことをさします。その「血」の巡りが悪くなってしまうと、体に血液や栄養が運ばれず回収されるべき老廃物がたまってしまい、ほうっておくと様々な不調の原因となってしまいます。

東洋医学では「髪」は「血余」と呼ばれ、その名のとおり体内で活躍している血の余りが原料となり髪が作られると考えられています。「瘀血」や「血虚(血の不足)」の状態は髪の毛をつくる原料不足となり、白髪や抜け毛など髪のトラブルの原因になることも。

健康で美しい髪を育てるため、「瘀血」の予防・改善をしましょう。

瘀血の症状
  • 角質が厚くなる
  • 顔がのぼせ、肌が乾燥して荒れる
  • 肌がすくむ
  • シミ・ソバカスが多い
  • 目にクマができる
  • 唇が紫っぽい
  • 肩こり・頭痛が絶えない
  • 冷え性
  • 生理痛が強い
  • アザができやすい
  • 下肢に静脈瘤ができる

瘀血の原因と対策

瘀血が冷えの原因になることもあれば、冷えが瘀血の原因になることも。冷えやすいお腹や足はしっかりとガードしましょう。
また、お風呂につかってしっかりと体を温めるのも効果的です。

運動不足は血液の循環が悪くなり、冷えを助長することも。ウォーキングや体操・ストレッチなど体力に見合った運動を心掛けましょう。

知らず知らずにたまっているストレス。仕事から離れて運動や好きなことをしたり、リラックスする時間を作ったり、自分なりのリフレッシュ法を見つけましょう。

バランスのとれた規則正しい食生活は健康には不可欠です。かたよらず、なるべく多くの食材をバランスよく摂りましょう。特に不足しがちなビタミン・食物繊維・ミネラル、女性は鉄分などを意識して摂りましょう。

ページトップへ

特集