トリートメントを髪全体になじませてから5分ほど放置して髪の内部に浸透させます。

MENU

効果的なトリートメントのやり方とは?

美容院に行くと多くの場合トリートメントしてくれますよね。
トリートメントは何の為にやるのかご存知ですか?

 

トリートメントの画像

トリートメントは髪の内部の水分や油分を補うために行います。
自宅だとコンディショナーはやっているけれどトリートメントはしていない、とか、トリートメントをしているけれど特に効果が見られない、という人は多いのではないでしょうか?

 

トリートメントはきちんと行う事が出来れば、髪をよりきれいに保つ事が出来ます。
そこでこのページでは自宅でも出来る効果的なトリートメントのやり方をご紹介します。ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

コンディショナーとトリートメントって違うもの?

多くの人はコンディショナーとトリートメントの違いをはっきりとは理解されていないのではないでしょうか?
一見同じようなものの感じがしますが、実は髪に対する効果が全く違うものなのです。

 

コンディショナー

髪の表面の痛みをコーティングして手触りを良くし、髪のすべりを良くするものです。
髪にコーティングをするわけですから、髪を乾かすときに使用するドライヤーの熱から髪を守る、という効果もあります。ちなみに、リンスとコンディショナーは同じものです。

 

トリートメント

髪の内部に効果を浸透させ、髪の修復や補修をする効果があります。

 

要するにコンディショナーは髪の「表面」トリートメントは髪の「内側」に効果があるものなのです。

 

 

トリートメントの使用方法

トリートメントを行う上で一番間違いやすいのが、シャンプー、コンディショナーの後にトリートメントを行う事です。

 

正しい順番は

  1. シャンプー
  2. トリートメント
  3. コンディショナー

です。

トリーメントをする女性の画像

 

トリートメントは髪の毛のみに効果があるものなので、頭皮につけないようにしましょう。

 

トリートメントにはなじませる工程が必要なので、粗い目のクシを使って髪全体になじませるようにしてから5分ほど放置しましょう。
このとき蒸しタオルで髪を包んで少し熱を与えておくとよりトリートメントの効果を得る事が出来ます。

 

 

トリートメントの使用回数

トリートメントの回数はどのくらいが良い、というものはありません。
多くのトリートメントにはどのくらいの頻度で使用したほうが良い、という注意書きが記載されているので、それにあわせた使用回数がよいでしょう。

 

しかし、髪の状態によってはそのかぎりではありません。
髪がパサついている状態が続いているようであればもう少し使用回数を増やしてもかまいませんし、髪がべとつくようであれば使用回数を減らしてもかまいません。
自分の髪に合わせて使用回数を調節しましょう。